【バイクシート加工第2弾】 お尻の痛みと足つきの改善へ WR250X

WR250Xを真後ろから撮影した画像 趣味のバイクの話

先日、WR250Xで加工したシートを試す為にツーリングに行ってきました。

お尻の痛みに対しては大きい効果があり、痛みがかなり軽減されたのは良かったのですが大きな代償を払うことになります。

前回のシート加工の内容としては純正のシートを削って少し柔らかい素材のスポンジを埋め込み、座面を左右合わせて1cm程広げました。

前回のゲルシートを使わずお尻の痛みを改善しようとした記事はこちらへ⇩。

ゲル素材を使わずバイクのシート加工をDIY WR250Xのシートを快適に!
先日、久しぶりにWR250Xで加工シートに交換してツーリングに行ったところ、やはりお尻の違和感と痛みが出てしまいました。シート加工専門のショップでゲル加工済のシートを手に入れて装着して乗って多少改善されたのですがやはり完全にお尻の...

しかし、このシート座面を少し広げたせいで思ったよりも足つきがかなり悪化。と

ツーリング中に信号待ちの度にお尻を落としてなんとか右足を着いて停車。

停車中はほぼシートは太ももの位置にありました。

やはり座面を広げる為にはかなりアンコ抜きしないと足つきは悪くなってしまうので加工シート第2号を作る決心をしました。

足つきの良さと座り心地の良さの両方を追求していきます。

スポンサーリンク

なぜお尻が痛くなるのかもう一度考えてみる

シートの座面を広げると足つきの悪さに直結してしまうので、座面はノーマルのままにします。

今回のツーリングで全くお尻が痛くならなかった訳ではないので、更に柔らかいスポンジを埋め込む。

あと少し気になったのがWR250Xのシートは地面と水平ではなく、かなり前傾になっています。

WR250Xに乗ってみるとお尻に垂直に体重が掛らずにお尻の皮膚を残して体が前にズレます。

そのズレによって痛みが悪化している様に思えました。

乗車姿勢も影響している痛みと推測出来ます。

それらをまとめますと、、、。

  • 座面は広げないでノーマルのまま
  • 限界まで柔らかいスポンジを埋め込む
  • シートと地面を水平にする為にステップシートにする

今回はこの様な加工にしてみたいと思います。

ショップのゲル加工シートをバラして考えてみる

自分で加工したシートでは足つきの問題が大きく出てしまったので、以前に購入して試してみたショップのゲル加工してあるアンコ抜きシートを更に自分で加工してみることにします。

ショップで加工したシートの記事はこちらへ⇩。

WR250X ゲル・低反発加工シートに交換でお尻の痛みを無くす事は出来るのか?
愛車WR250Xの「お尻が痛い」と言う問題に悩んでいる毎日ですが、ある日ヤフオク!で物色していた所偶然にもWR250X用の加工済シートを見つけました!このシートで中距離のツーリングに行ったのですが問題の「お尻の痛み」は根本的には無...

こちらのシートで長時間走ってみてお尻の痛みは軽減され足つきもかなり良くなる優れたシートだったのですが、やはりツーリングの帰りには痛みが出てしまいました。

なのでこのシートの足つきの良さをそのままに、更に柔らかいスポンジを埋め込む計画を立ててみました。

とりあえずこのシートをバラして観察してみました。

シートの緑の部分がゲル素材なんですが、座ってみるとその下のスポンジとシートベースが硬いと感じます。

なのでこのゲル部分の下のスポンジ部分を柔らかくしたいので、ゲルを外して観察してみます。

ここのゲル部分の座る所のスポンジをより柔らかくするとお尻の痛みが改善できると推測します。

柔らかいウレタンフォームでシートスポンジを作り直す

元のシートをカットして除去

まずは元のシートスポンジ硬いのでは全部くり抜いてしまいます。

シートスポンジはカッターで簡単に切ることができました。

もう後戻りはできません。

そして今回選んだシートスポンジは挑戦柔らかいウレタンフォーム。

絶対にお尻の痛みを無くしたいのでシートスポンジに使う物としては有り得ないくらい柔らかい物を選んでみました。

ホームセンターで色々な硬さがあったのですが、一番安い物を290円で購入。

極めて柔らかいウレタンフォームでくり抜いた部分を埋めていく

このウレタンフォームをシートをくり抜いた形に切り出して、シートの反りに合わせて埋め込んでいきます。

ウレタンフォームをハサミでカットして形を調節していきましたが、柔らかくて形はなかなか整いません。

上からゲルシートを被せるつもりなので大体でOKです。

元から装着されていたゲルシートで蓋をする

ウレタンフォームの部分はガタガタなので上に元から埋め込んであったゲルシートをはめ込みました。

ウレタンフォームの凸凹がほとんど分からなくなったのでシートの皮を被せても大丈夫そう。

そのあとに埋め込んだゲルシートの合わせ面とスポンジの凸凹を少しでも無くす為にガムテープでしっかりと張り付けます。

シートの皮を張り元に戻す

そしてシートの皮を張り、凸凹にならないかを確認。

シートの皮はタッカーで仮止めですがゲルの合わせ面もなく凸凹もなく綺麗に皮が張れました。

実際にWR250Xの車体に装着して走ってみました

座面をを手で押すと加工前のシートよりもかなり沈み込みます。

そして車体に装着して実際に座ってみました。

今回使用したスポンジフォームがかなり柔らかかったせいか、体重でかなり沈み込みます。

もう少し座面を固くしてもいいかなと思ったのですが、この柔らかさで走ってみてお尻の痛みが出るのかを確認してみたいと思います。

このシートの座面の柔らかさで痛みが出てしまったら、もう為す術もありません。

足つきに関しては元々ローシートなので、シートスポンジを柔らかくした分更に良くなりました。

ここまで足つきの良いWR250Xはなかなかないくらい改善されてます。

今回ゲル加工ローシートに施工した事と効果のねらいをまとめますと、、、

  • シート座面のシートベースから上のスポンジを柔らかいウレタンフォームに交換によりお尻の痛みの軽減
  • ウレタンフォームの上にゲルシートを乗せる
  • 柔らかいウレタンフォームの沈み込みによりシート斜傾の改善と足つきの良さUP

そして1時間程走ってみましたがお尻の痛みは全く感じられませんでした。

3〜4時間走ってみてどうなるかはまだまだわかりません。

座面がかなり柔らかくなったので座布団に座っている様な感覚です。

デメリットとしては椅子と座布団に座っている様な感覚なので股の間のホールド感がなく、少しバイクとライダーの一体感が無くなってしまいました。

WR250Xはマシンとライダーの一体感がとてもいいバイクだと思うのですが、そこが失われると少し残念です。

しばらく走ってみて、また次の調整を考えてお伝えしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました