ゲル素材を使わずバイクのシート加工をDIY WR250Xのシートを快適に!

趣味のバイクの話

先日、久しぶりにWR250Xで加工シートに交換してツーリングに行ったところ、やはりお尻の違和感と痛みが出てしまいました。

シート加工専門のショップでゲル加工済のシートを手に入れて装着して乗って多少改善されたのですがやはり完全にお尻の痛みは直りませんでした。

WR250X ゲル・低反発加工シートに交換でお尻の痛みを無くす事は出来るのか?
愛車WR250Xの「お尻が痛い」と言う問題に悩んでいる毎日ですが、ある日ヤフオク!で物色していた所偶然にもWR250X用の加工済シートを見つけました!このシートで中距離のツーリングに行ったのですが問題の「お尻の痛み」は根本的には無...

なので思い切って自分で加工してみる事にしました!

僕はシート加工なんてやったことはないですが、ネットで調べながらわかった5つの工程で自分に合わせた座り心地の快適なシートに加工してみたいと思います。

純正のシートが余っているのでそれを加工してみます。

スポンサーリンク

WR250Xのようなバイクに長時間乗るとお尻が痛くなるのは何故か?

WR250Xのシートがお尻が痛くなる原因を整理してみますと、、、。

  • シートのスポンジが硬い
  • シートの座面の幅が狭い

この2つの原因がお尻の痛みを引き起こしているのは間違いないです。

なのでシートのスポンジを柔らかい物に変更して、座る所の座面の幅を広くする事が解決につながると思われます。

まずは車体からシートを外して裏についている大量のタッカーを外します。

純正シートの革を剥がしてばらしてみる

WR250Xのシートの裏側

タッカーは大きいホッチキスのような物でマイナスドライバーでこじって抜いていくのですが、本数が多いので(50本くらい?)なかなか時間がかかり途中でイヤになります笑。

マイナスドライバーで抜かれかけてるシートのタッカー

タッカーを全て外すとシートの皮が外れます。

革とシートスポンジに別けられたWR250Xのシート

皮を剥がすとシートのスポンジ部分とプラスチックのシートベース部分の2つに分かれます。

シートスポンジとシートベースに別けられたWR250Xのシート

シートのスポンジ部分は薄いスポンジで覆われていますので手で剥がしてしまいます。

薄いスポンジを剥がされかけたWR250Xのシートスポンジ

そしていよいよ柔らかいスポンジを埋め込んでいくためシートの座面を削っていく作業に入ります。

シートのスポンジを100均グッズで削る

ネットで「バイク シート加工」で検索するとシートスポンジを削るのに、みなさん100均の「おろし金」を使っているのですが、もっと幅が狭い物が欲しかったので「フルーツの皮むき」をDAISOで購入。

DAISOのフルーツの皮むき機

お金に余裕のある人はホームセンターやamazonなどでも販売している「アラカン」という削るための工具が便利らしいのでそちらを使った方がいいと思います。

値段も1000円程で購入出来てそうとう削りやすいらしいので、1000円くらいなら出せるよ〜って方は「アラカン」でやった方が確実に便利です!

アラカン」買っておけばよかった、、、。

僕は便利より苦労を選ぶ性格なので、、、。

座面を削っていく為、マジックでケガキをしてガンガン削っていきます。

WR250Xのシートスポンジの座面を削っている

ここではあまり細かい事は気にしません。

部屋での作業で削りかすが凄いことになってしまうので掃除機片手にカスを取りながらの作業になります。

座面の削り終わったWR250Xのシートスポンジを上から見た画像
座面の削り終わったWR250Xのシートスポンジを横から見た画像

ひたすら削ること40分、埋め込もうとしているスポンジが埋め込めるくらいにうまく削れました。

もちろん次の日は腕の筋肉痛になりました笑

座面全体を均一に削るのが結構難しかったけど、なんとか上手く削れたはず。

シートの削れた所に柔らかいスポンジを埋め込んで貼り付ける

そして座面に敷く為に選んだシートは下の画像のスポンジ。

床に置かれた防音シート

このスポンジ素材を選んだ理由は柔らかくて座り心地がよさそうだし、以前エブリィワゴンのデットニングの時に使った防音スポンジがあまってたのでこれを使ってみる事にしました。

シート加工をする時にゲル素材の物を埋め込むのがお尻の痛みを軽減させる効果が高いらしいのですが、ゲル素材は割と値段が高いのでやめておきました。

エブリィワゴンのデッドニングの記事はこちらへ⇩。

エブリィをDIYデッドニングして防音 断熱、車内を快適に!荷台、スライドドア編
走行距離も8000万キロを超えて、振動や走行音も増えてきたエブリィワゴン。軽自動車なので仕方がない所もありますが、なるべく車内は高級車みたいに静寂性が高い方が良いです。エンジンオイル交換もしてみましたが、劇的にはエンジン音...
削った部分に防音シートを貼り付けられたWR250Xのシートスポンジ

このスポンジを大まかに座面の形に切り出して3枚重ねて接着します。

スポンジの貼り付けに使った接着剤はこれ。

床に置かれたスプレー式のボンドとチューブタイプのボンド

チューブタイプとスプレータイプを用意しました。

スプレータイプはまんべんなく均一に接着剤を塗る事が出来るのでとても使い安かったです。

接着剤は速乾性なので3時間も置いておけば乾きました。

シートスポンジを削って表面をシートの形に成形する

乾いたら凹凸や段差を無くす為にまた削っていきます。

ここは左右のバランスを見ながら、座って見たりして違和感ないかどうか慎重に段差を無くしていきます。

座面に防音シートを貼り付けられて成形されたWR250Xのシートスポンジ

次に表面をなだらかにする為に紙やすりでペーハー掛けをします。

シートスポンジを紙ヤスリで削っているところ

軽く表面をならす感じで形を変えてしまわない程度に表面をなだらかにしていきます。

紙ヤスリは耐水ペーパーではなくて普通の100均の物で#320番が1枚あれば十分です。

成形したスポンジにタオルとビニールと革を被せて元に戻す

そして次に重要なのが整形したシートを薄いスポンジで覆います。

整形して形は整えているのですが多少の凹凸や左右の形の違いがどうしてもあるので、それを少しでも無くすという意味で一枚のスポンジで覆ってしまいます。

タオルで覆われているWR250Xのシートスポンジ

僕の場合は丁度いいスポンジもなかったのと、お金を掛けたくないということで柔らかいタオルを使ってみました。

シートスポンジ全体にスプレータイプの接着剤を塗ってタオルを被せてシワが出来ないように圧着させます。

数分するとタオルがシートに接着されるので、少し放置した後に余ったタオルをハサミで切ってシートの形にしていきます。

タオルがしっかり接着されたWR250Xのシートスポンジ

この時に凸凹がないか、形が歪な所が無いかをチェクして、おかしいところがあれば接着剤が乾く前であればやり直す事が出来ます。

そして次にこれが重要、シートのスポンジに雨の水が染み込まない様、革を張る前にビニールを仕込みます。

ビニールは家にある90リットルサイズのゴミ袋で十分です、たぶん。

ゴミ袋で覆われたWR250Xのシートスポンジ

ビニールにシートを入れてシートの革をタッカーで4箇所程仮止めをして、余ったビニールはカットしてしまいましょう。

シートの革を被せられたWR250Xのシートスポンジ

そして、革をタッカーで完全に張ってタンデムベルトを元に戻して完成、思ったよりもはるかに上手く出来ました。

シート加工は初めてだったのですが、難しそうだったので、不器用でテキトーな僕には無理かなと思ってたのですがシートの凸凹もなく皮にシワもなく違和感のない仕上がりになりました!

加工が完成したシートを装着されたWR250Xの横からの画像

加工前よりもシートの座面が約左右共に5㎜計1㎝幅が広くなり、座った感じもかなり柔らかくなってます。

乗車して座ってみるだけだと柔らかくて長時間座ってられそうですが、実際に長距離乗ってみないと効果は分かりません。

純正の加工前のシートのだと座っただけでお尻が痛くなる雰囲気はかなりあるのですが、加工後のシートではそんな雰囲気はありませんのでかなり期待が持てます。

これでお尻の痛みはだいぶ軽減されるはず!?

結果は次のツーリングの投稿で。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました