WR250Xの組み立てにはスマホアプリのヤマハパーツカタログが凄く便利!

趣味のバイクの話

勢いで始めてしまったWR250Xを組み立てるという計画、フレームを購入してしまった以上もう後戻りは出来ません。

まずは組み立てていくにあたって作業場所の確保と説明書を用意して作業環境をよくしていかないと、いいバイクに仕上がりませんし完成までに時間がかかってしまいます。

前の記事のPart1はこちらへ

価格高騰のWR250Xを格安で手に入れる!ヤフオクで中古フレームを入手
これから僕の趣味であるバイクの整備、カスタムについて投稿していきます!部屋の中にバイクのフレームがやってきました。。この日から僕は二階の自分の部屋の中でヤマハの「WR250X」を組み立てて1台のバイクとして完成させていく事...
スポンサーリンク

WR250Xのサービスマニュアルと凄く便利なヤマハのパーツカタログのスマホアプリ

そして組み立てたり必要なパーツを揃えるのに絶対に必要なサービスマニュアルを入手しました。

中古のWR250Xのサービスマニュアル

サービスマニュアルとはバイクの説明書みたいな物でそのバイクの整備の仕方や仕組みが詳しく書かれています。

普通のライダーはなかなか所有していることは少ないと思いますが、バイクショップはほとんどの車種のサービスマニュアルを所有しています。

意外とこのサービスマニュアルが高い!中古で4000円もしてしまいました。

そしてもう1つ必ず必要な物がパーツカタログです。

パーツカタログは部品を注文する時に必要な品番が記載されていて、図面も詳しく絵で書かれています。

実はこのパーツカタログはスマホアプリになっていて無料でダウンロードでき、誰でも自由に使う事ができます。

バイクだけではなく電動アシスト自転車や電動スクーター、水上バイクの部品番号までわかります。

検索でWR250Xを探すと全ての年式のモデルが表示されます。

目的のモデルをタップするとそのバイクのパーツリストが全て見る事が出来ます。

これでバイクの全ての部品番号がわかるので、バイクショップに部品を注文する時に部品番号だけを伝えれば注文出来て、ネットでの注文も部品番号を打ち込めば出来るのでとても便利なアプリです。

あと組み立てに必要なのがネットの画像です。

WR250X関係のブログが解りやすく参考になりやすいので、個人ブログはやはり凄く有り難く感じます。

WR250Xを組み立てるための作業環境

このWR250X組み立てを行っているのは自宅の二階の自分の部屋です。

6畳の部屋なのですが250㏄のバイクがギリギリ入りますが完成した時にどうやって外に出すかは、まったく考えていません。

自分だけの部屋なので6畳の部屋を全てバイクの為の物を置くことは出来るのですが部屋に入れるとWR250Xは意外と大きく感じます。

ソファーや工具箱や作業台などを置くとバイクだけの部屋になってしまいます。

このWR250X組み立て計画のコンセプトはもちろん安く仕上げることで、いかにボロボロの中古部品を修復して磨き上げてキレイに仕上げるかが大事なポイントです。

作業時間は仕事が終わってからの夜の1~2時間なので目標完成時期は1年以上かかってしまうかなと思います。

作業時間よりもパーツを揃えるのに時間がかかってしまうと思います。

フレームを手に入れてしまったので、やる気のあるうちにサクサク部品を集めていきます。

もう後戻りはできません。

「ヤフオク!」はできる限り同梱発送で送料を安く入手する

リアショック、ガソリンタンク、テールカウルを手に入れました。

ちなみにガソリンタンクは燃料ポンプなしで250円で落札できました。

「ヤフオク!」だと業者さんが1台のバイクをバラして売っている事が多く、なるべく同じ業者から複数のパーツを買う方がお得になります。

同梱発送してもらえれば送料が安く済むからです。

組み立てる順番で購入するパーツを選んでいられなくて、安く購入出来そうなパーツはどんどん購入していくので、まだ取り付けられないパーツで部屋が一杯になりそうで怖いです。

部屋に置いてあるWR250Xのフレーム

落札価格800円のボロボロのサイドシュラウドです。

WR250Xのボロボロのサイドシュラウド

WR250Xは外装パーツの中古でもそこそこ高値で売れているので、こういった修復すればなんとか使えそうだけど安いパーツが一番ありがたいです。

傷、穴、へこみが全てあり裏の取り付けステーも取れてしまっているのでパテやヤスリで修復していきます。

最後に自家塗装と自作デカールで綺麗にするつもりです。

次にリヤホイールとタイヤ、ハンドルとトップブリッジもGETしました。

YAMAHAからWR250XとWR250Rの2種類が販売されていてWR250Rはオフロード用でどちらのホイールも装着可能なので両方のホイールを持っていればオフロードも走行可能なのもこのバイクを選んだ理由にもなってます。

ホイールはX用のオンロードタイヤで走るつもりだったのですが、R(オフロード用)のホイールで取り合えず先に進んで、組み立てていけるパーツは組み込んでいきます。

部屋に置いてあるWR250Xのフレームとスイングアームとリヤタイヤ

部屋が狭いので壁にバイクが突き刺さってるみたいです。

タイヤがあるとバイクを組み立ててる実感がやっと湧いてきます。

WR250Xのハンドルバー

サイドシュラウド以外はどれも程度がいいパーツで修復せずにそのまま使えそうなので、奇麗なWR250Xに仕上がりそうでワクワクしてきます。

ハンドルはとりあえずレンサルのゴールドにしてみました。

安かったのでとりあえず、、、予定ではつや消しブラックの憧れのテーパーハンドルにするつもりです。

想像以上に車体が大きいので部屋の家具の位置を変えないと組み立てられません。

バイクの骨組みってホントに見ていて美しいです。

早くフロントフォークとタイヤを手に入れて、まずは骨格を完成させたいところ。

WR250Xの続きはこちらの記事へ⇩。

歪んだラジエターでもまだまだ使えます!WR250Xの豪華なフロントフォークも入手
物欲の勢いでなんとか手に入れようと作り始めた「WR250X」ですが、まだまだ始まったばかりで先が見えてません。前回までの記事はこちらへどうぞとにかくフレームと足廻りを入手して骨組みだけでも完成させたいところ。...

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました