バイクの走行動画がiPhoneやスマホで撮りたい!ハーネスを使った撮影方法がおすすめです

体に動画撮影用のスマホを装着したライダー 趣味のバイクの話

近頃はSNSやYou Tubeなどにバイクの走行動画がたくさんUPされるようになりました。

多くのライダーがGoProなど専用のカメラをヘルメットなどに装着し撮影しているのですが、GoProやアクションカメラなどは僕にとっては結構な値段がします。

なので本格的な動画撮影ではなく自分で楽しんだり、SNSで上げるくらいの動画だったらスマホで撮影する事が一番コスパが良いです。

そんな願いを叶えてくれる製品がありました。

体にスマホを装着して動画を撮影すればバイクの走行動画もキレイに撮れます!

スポンサーリンク

ウェアブルカメラ用チェストハーネスカメラマウント

ActyGoと言うメーカーのウェアブルカメラ用チェストハーネスをAmazonで999円で購入。

ヘルメットにカメラを装着するのではなく体に装着する為のハーネスです。

凄く安いです。

箱はシンプルで値段相応な感じがします。

箱や梱包に経費を掛けずコストを削っている感じがします。

中身は3点で

  • ベルト
  • スマホ固定ホルダー
  • ジョイント

説明書はなく余計な物も一切入ってはいませんでした。

スマホを固定するホルダーはバネの力で挟み込むようになっていて、走行中にスマホが落ちてしまわないか少し心配になりますが結構強い力で挟み込みます。

スマホを挟んでみましたが、かなりしっかりと固定しているので相当強い衝撃が加わらないと外れないです。

ジョイントはあらゆる方向に角度が調節出来るようになっていてプラスドライバーと手で緩めたり締めたりしてスマホ・カメラの方向を調節します。

体に固定するバンドは柔らかいゴム製で高さ調節出来るようになっています。

価格が安い割にどのパーツもしっかりとした造りで、壊れやすそうと言う印象はありません。

ハーネスとスマホの装着の仕方

先ずは体にスマホを固定するハーネスを下の写真のように装着します。

ゴムが柔らかいので締め付けもキツくなくしっかりと固定出来そうですし、装着したときの違和感や締め付け感は全くありません。

スマホホルダーのジョイントを固定ベルトに装着すると下の画像のようになります。

ジョイントにスマホホルダーを装着してスマホを取り付ければ完成。

バンドが丸見えだとカッコ悪いので出来ればウェアーを上から着てスマホの固定部分と装着したスマホだけウェアーの外に出すようにしました。

スマホを付けると見た目は少し変ですが割としっかりスマホが固定されています。

走ったりジャンプしてもスマホが外れる事はありません。

上着のファスナーを閉められるところまで閉めます。

実際にスマホカメラで走行動画を撮影してみました

バイクはもちろん愛車のWR250X、シートの加工の効果も確認しにツーリングにやってきました。

シート加工の記事はこちらへ⇩。

ゲル素材を使わずバイクのシート加工をDIY WR250Xのシートを快適に!
先日、久しぶりにWR250Xで加工シートに交換してツーリングに行ったところ、やはりお尻の違和感と痛みが出てしまいました。シート加工専門のショップでゲル加工済のシートを手に入れて装着して乗って多少改善されたのですがやはり完全にお尻の...

今回試してみたのは家から1時間程度の所にあるヤビツ峠という所、狭い山道で前日の雨の影響で路面が泥だらけなのでゆっくりと走行してみて動画を撮影してみました。

スマホは少し古めなAndroidスマホ、OPPO Reno3Aでさほどカメラスペックは高くはありません。

スマホの位置や角度は試しに撮影してみてから調節していくしかありません。

スマホを体に装着しているので画面を見ながらの調整は不可能なのが辛いところです。

バイクに乗っている時は割と伏せて走行しているので、スマホカメラの角度はかなり上向きにセットするとしっかりと前方を撮影してくれます。

今回の撮影の目標は前を走るバイクを動画に撮る事です。

音声は風切り音が酷いのでボリュームを下げてご視聴してください。

スマホの位置を上手く合わせて前を走るバイクが上手く撮影出来ました。

体に装着しているので車体の振動もなく振れが少なくてちゃんと視聴する事が出来ます。

前を走るバイクもしっかりと撮影出来ています。

バイクのハンドルに直接スマホを装着して撮影した動画

以前、バイクに直接スマホを固定して同じOPPO Reno3Aで撮影してみたのが下の動画です。

固定場所はハンドルバーでバイク用のスマホホルダーを縦にして撮影してみたのですが、、、。

スマホホルダーの記事はこちらへ⇩。

Amazonで最安値のバイク用スマホホルダーとマグネット式充電ケーブルが便利です!
僕はWR250Xでツーリングに行くときは道案内にスマホアプリのYahoo!カーナビを使っています。ハンドルバーにスマホホルダーを装着しているのですが、そのスマホホルダーは719円と激安で購入しました。かなり安いバイク用スマ...

車体に固定するとエンジンや路面の振動が凄くて振れが酷い状態でとても視聴出来る動画ではなかったです。

バイクのレースなどの車載カメラなどは相当振動やぶれなどに強い高機能のカメラを使っているので可能かもしれませんが、車体に固定したスマホで撮影した動画だと観れるレベルではありませんでした。

この振動の仕方だとスマホ本体にも悪影響があると思います。

iPhoneをバイクのスマホホルダーに装着して壊れた、なんて記事をよく見かけたりします。

使い方も色々なウェアブルカメラ用チェストハーネスまとめ

今回購入したウェアブルカメラ用チェストハーネスは、スマホで走行動画を撮影するのにとても優れた製品でした。

車体にスマホを装着して撮影した動画よりも遥かに振動が少なく、キレイな動画を撮影してくれました。

ハーネス装着時の違和感もなくツーリング中にずっと装着していても不快感は全くありません。

ハーネス、スマホの装着も簡単で慣れてしまえば1分もかからないです。

とても不便だった点は、手元での操作が出来ない事と、走行中の画像がスマホをハーネスから外さないと確認が出来ない事です。

スマホを付けたまま操作出来ればかなり楽なのですが、その点は仕方ないかなと思います。

動画の音声は風切り音が凄くてそのままスマホのマイクではエンジン音も聞こえなくなります。

外部のマイクを使ったり対策が必要かなと思います。

もちろんチェストハーネスはスマホではなくGoProやアクションカメラ、デジカメも装着出来る様になっていて、それらを使えばスマホよりも美しい動画を撮影出来ます。

チェストハーネスをバイクの動画だけでなく子供と遊びながらの撮影や料理しながらの撮影に利用することで、色々な動画の楽しみ方が出来る様になるのではないでしょうか。

他のバイク以外の色々な楽しみ方としては

  • 自転車など乗り物にのりながらの撮影
  • スキーやスノーボードをしながらの撮影
  • 料理動画の撮影
  • 子供と遊びながらの撮影

などが挙げられます。

撮影しながら両手が使えるのでさまざまな撮影の楽しみ方が出来るので、とても便利な商品だと思いました!

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました