スポンサーリンク

ついにこの日が!初乗り・残りのパーツ装着 自作WR250Xと共に走り出します

趣味のバイクの話

ついに二階の部屋から外に出したWR250Xですが、乗れるまでには少しやらなければならない事があります。

WR250Xを部屋から出した時の記事はこちらへ⇩。

【初走行が間近に】WR250X用ホイールを手に入れ部屋から外へ
WR250Xの組み立てもかなり完成に近づいてきました。外装の塗装とカッティングシートを使って、ストロボカラーの制作もほぼ完成、こちらの記事へ⇩。。後はX用のホイールとブレーキ関係を組み込んだら、いよいよWR250X...

もう少しで走れる状態なのでモチベーションも上がります。

そして残りの作業を終わらせて実際に走らせてみました。

スポンサーリンク

走行する為の残りの作業

エアクリーナー

エアクリーナーをまだ装着していなかったので社外品の吸気効率の良い物を購入してみました。

No Toilという海外のメーカーみたいです。

エアクリーナーガイドも純正ではなくメーカー不明ですが、吸気効率の良さそうな社外品を装着しました。

WR250Xの社外エアクリーナー

エアクリーナーとガイド共に純正品よりは吸気効率がUPしそうです。

WR250Xはサイドカバーを外してボックスのフタをプラスのネジ一本で開けられるので、エアクリーナー交換がとても簡単に出来るようになっています。

エアクリーナーボックスの蓋が開かれたWR250X

湿式なのでエアクリーナーにエンジンオイルを含ませて、エアクリーナーガイドと一緒に取り付けます。

エアクリーナーを装着したのでエンジンをかけた時の吸気音も小さくなり、安心してエンジンをかけられます。

バッテリー

バッテリーは中古のバッテリーを購入しておいたので、家庭用充電器で満充電にしておきます。

このヤフオク!で手に入れた中古バッテリーはかなり弱っていたらしく、後にSUPER NATTOバッテリーに交換しました⇩。

WR250XのバッテリーをSUPER NATTOに交換!格安なのに高性能です
冬も終わりもうずいぶん暖かくなってきました。冬の間、低い路面温度で走るのが嫌いで、まったくWR250Xに乗らなかったので、暖かくなったらツーリングに行きたい欲が湧いてきました。WR250Xのツーリング記事はこちらへ⇩。...

グリップ

グリップはホールドしやすそうでロゴがカッコいい「PROGRIP」を選びました。

こういったパーツの変更は見た目重視で選んでしまいます。

PROGRIPのハンドルグリップ

見た目重視でOK、自分がカッコいいと思えるのが一番です。

社外のLEDウィンカー

ウインカーはAmazonで売られている、汎用の安いLEDウィンカーを購入しました。

光量も十分でWR250Xにとてもよく似合います。

WR250Xは車体がスリムなので、転んだら一発で折れてしまいそうなくらい外側に出てしまうのがデメリットです。

社外のLEDウィンカーはこちらの動画付きの記事へ⇩。

塗装とデカールでストロボカラーに・激安社外LEDウィンカーと純正テールランプ
無事にエンジンがかかり外装の塗装を開始したWR250X、シートカウルのベース色の塗装から終わらせました。シートカウル塗装の記事はこちらへ⇩。全ての外装をベース色の白に塗って全ての外装パーツの色を統一したいのでシュラ...
社外品のウインカーが取り付けられたWR250X

YZ125純正ハンドルバーパッド・テーパーハンドル

そしてモタード車やオフロード車の必需品であるハンドルバーパッドですが、凄くカッコいい物を見つけました。

YZ125純正ハンドルバーパッド!

このバーパッドを付けている人はなかなかいないと思います。

YZ125の純正ハンドルバーバッド

ヤマハのYZ125とは2stモトクロッサー(モトクロスのレース用バイク)。

社外品のZETAやPROTAPERなどのバーパッドもカッコいいのですが、モトクロッサーの純正で特別感があってシンプルにカッコいいです。

しかも新品でも結構安く手に入ります。

YZ125の純正ハンドルバーバッドが取り付けられたWR250Xのハンドル周り

同時にハンドルバーも、アップガレージで売っていた黒テーパーハンドルを購入しました。

やはりテーパーハンドルは太くて見た目もカッコいいです。

無メーカーで鉄製で造りも雑なハンドルバーだったのですが900円と激安だったのと、つや消しブラックにしたかったので、つい購入してしまいました。

無メーカーのハンドルバーは肉厚が分厚くバーエンドが入らなかったので、ドリルで内径を削って何とか入れる事ができました。

早く走らせたいので、夜な夜な狭い作業場所での作業が続きます。

陸運局でナンバー取得〜自作フェンダーレス

次の日ナンバー登録をする予定なので、フェンダーレスにしてナンバーをつける準備をします。

フェンダーレスキットは、アルミ板で自作しました。

そして次の日に陸運局へ行き、ついにナンバープレート取得!これがないと走れません。

ナンバーが取り付けられたWR250X

自賠責保険にも入って、ついに走り出す準備が整いました。

自作WR250X初走行

朝にWR250Xを家からだしてエンジンをかけて各部のチェック。

初めのうちはボルトの緩みや各箇所のチェックの為に近所を回ります。

なんせフレームから組み立てたのでボルトの緩みなどがあったら事故につながります。

バイクが物珍しいようで子供達がむらがって作業が進みません。

子供達二人とWR250X

子供達は一通り騒いだら飽きてしまったようで去っていったので、安心して作業に進みます。

流石に最初は慎重に、ビビりながらゆっくりと走ってみました。

ちゃんと走るかもわからないし、ちゃんと組み付け出来てるかも分かりません。

しばらく走ってみましたが、とりあえず全ての機能が完全に機能しています。

だんだんスピードをアップしていきます。

加速も素晴らしく、ブレーキもよく効いて真っ直ぐ走りよく曲がります。

この時点で正確にパーツが組み込めた事がよく分かりました。

WR250X凄くいいバイクです!

エンジン性能もハンドリングも素晴らしいです!

シングルで250ccなので非力なパワーと思いきや、車体の軽さも手伝って登り坂でもガンガン進んでいきます。

これまでの10ヶ月間の苦労が全て報われました。

ついに走り出した自分で組み立てた「WR250X

これから少しずつカスタムして、更に自分好みのWR250Xにしていきます。

詳しいインプレはもう少し走ったら投稿したいと思います。

WR250Xで山中湖までツーリングしたときのインプレや感想はこちらの記事です⇩。

WR250Xは街乗り・高速道路・峠道どこでも走破できるオールラウンダーバイクです!
いよいよ組み立てが完成し走行可能になった自作のWR250Xですが、試走を兼ねて200〜300km程の中距離ツーリングに行ってみました。前回のWR250X初乗りの記事はこちらへ⇩。今回のツーリングの目的地は自宅から2...

コメント

タイトルとURLをコピーしました