6万円で購入したYZ80を相模川の猿ヶ島で走らせる オフロードを楽しもう!

趣味のバイクの話

こんにちは!陽だまりです。

これは4年ほど前に僕が熱を入れたYZ80の話です。

WR250Xを乗るきっかけとなったバイクがあるのですが、そのバイクはYZ80と言うモトクロッサー。

元々オフロードバイクには全く興味がなかったのですが、モトクロスのレースの動画を観ていたらYZ125のレースをやってまして、すぐにカッコいい!乗ってみたい!

となりまして、我慢できずすぐに購入してしまいました。

YZ80。

スポンサーリンク

YAMAHA YZ80はどんなバイク?

YAMAHA YZ80は1973年から2001年まで販売されていたオフロードレース用のモトクロスバイクで、主に子供用に創られたバイクでした。

YZ80LWというホイールの大きなバージョンも販売されていて、大人も乗れるサイズになっています。僕の手に入れた年式だと、2サイクル単気筒で車重は70kg程、1992年位の年式で28馬力もあります。

エンジンは排気量が少ない割に馬力が28psもあるので4輪のカートのエンジンに使われたり、ロードレースのS80というクラスのエンジンに使用されてたりしていたのを記憶しています。

車体の重量が70kgでエンジンの馬力が28psもあり、更にモトクロスバイクでローレシオに設定されたギアなので加速はすばらしいです。

2001年からはYZ85として販売されていました。

自宅の部屋に置いてあるYZ80

YZ80を蘇らせる!

YZ125が乗りたかったのですが、予算が足りなかったですし、マイカーのエブリィワゴンに入りそうにもなかったのでYZ80にしました。

まずはボロボロで動くかも分からないバイクを走るようにしなければいけないので、即全バラします。

フレームがサビサビでしたのでヤル気がバンバン湧いてきました(笑)。

部屋に置いてあるYZ80のフレームと足廻り
部屋に置いてあるYZ80のフレーム

フレームをキレイにすることから始めて一つ一つのパーツをキレイにしながら組み付けて行きました。

オフロードバイクなのでフレームの塗装はせず、錆をとってタッチペンで塗るだけで充分でした。

錆止めにもなりますしね。

部屋に置いてあるYZ80のフレームと足廻りと外装

走ることに支障が出るような破損はなく、ブレーキパットやオイル類やタイヤなどの消耗品は新品を装着していきました。

カッコよくなければ乗る気がしないのでカッティングシートで好みのカラーにラッピング。

部屋に置いてある外装外装ラッピングされたYZ80

やっぱりレース用のバイクはカッコいいです!

部屋に置いてあるレストアが完成したYZ80

とりあえず、エンジンはバラさずにそのまま乗せてエンジンを掛けてみました。

自宅の外に置いてあるレストアが完成したYZ80

無事にエンジンも掛かりましたが、全く吹け上がらずCDIを交換しなければならないトラブルもあったりしました。

そしていよいよ、車で40分程の河川敷に持っていく為に車に積み込みます。

YZ80は軽ワゴンに詰め込めるのか?

車に積み込む前のYZ80

積み込む車はうちのファミリーカーのエブリィワゴンで、セカンドシートを畳んで入れるのですが高さも長さもギリギリのサイズ。

エブリィワゴンに積み込まれたYZ80と男性

なんとか入ります。

125ccだと間違いなくそのままでは入らないでしょう。

エブリィワゴンに積み込まれたYZ80

ラダーレールなんて物は当然持っていないので木の板です。

エブリィワゴンにバイクを積むための木の板

細いバイクなので横幅はかなり余裕があったので、工具や装備などは余裕を持って詰め込めます。

エブリィワゴンに積み込みが完了したYZ80

さあ、いよいよ装備をそろえれば走りに行けますね!

パート2につづく、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました