内張りさえ外せれば意外と簡単!エブリィワゴンのアウターハンドル交換

車のメンテ

長年放置してたのですが、僕のエブリィワゴンの右側のスライドドアは壊れているので外から開ける事は出来ません。

片方開けば乗り降りは出来るので10年程修理せずに放置していました。

なぜ開かなくなってしまったか分からなかったのですが、ある日よく見るとアウターハンドルの中が割れていて開かなくなっているのに気が付きました。

アウターハンドルとは車のドアを外から開けるドアノブの事です。

割れたえエブリワゴンのアウターハンドル

下の写真の赤◯印の所が割れてしまっています。

割れた部分に丸しる印

ここが割れてしまっては残念ながら修理は出来なさそうなので、丸ごとアウターハンドルを交換するしか方法はなさそうです。

中古でも良いのでヤフオク!やメルカリで探してみたところ出品されていました。

色は黒だったのですが即決で1000円と安かったのでヤフオク!で即落札。

ようやく手に入れましたアウターハンドル。

2つならべ並べらたアウターハンドル

送料込みで2000円弱。

10年間放置していたスライドドアの破損をDIYで修理してみたいと思います。

スポンサーリンク

アウターハンドルへのアクセスは車内からスライドドアの内張りを外す

まず壊れたアウターハンドルを外す作業から進めていきます。

アウターハンドルは車内の内側で固定されているので、スライドドアの内張りを外してしまいます。

内張りを外すには、まず下の写真の◯印のインナーハンドルとウインドウスイッチを外さなければなりません。

エブリィワゴンの右スライドドア内装

ウィンドウスイッチは引っ張れば簡単に外せるのですがインナーハンドルを外すのにかなり苦労しました。

ウィンドウスイッチは引っ張って抜いてコネクターを外せばOK。

自分も色々ネットで調べてなんとかインナーハンドルは外したのですが、簡単な方法は見つからなかったです。

You Tubeの動画などではウエスを使って外したり定規を使って外したりしてましたが参考にはなりましたが簡単ではなかったです。

内貼りはインナーハンドルとウインドウのスイッチを外してからではないと外せません。

内貼りを外すときは、内貼り剥がしなどを使って剥がしていくのですが、持ってないのでマイナスドライバーに傷付き防止のビニールテープを巻いて代用しました。

内張りとドアの隙間にビニールテープを巻いたマイナスドライバーを差し込んでピンをテコの原理を使って内張りを抜いていきます。

下の写真の◯印がピンのある箇所です。

エブリィワゴンの右スライドドア内装の内張のピンの場所

ピンを全部外したら、内張り全体を上にズラせば内張りが外れます。

内張りを剥がすと、ビニールで覆われているのでアウターハンドルの所だけブチルテープからビニールを剥がして作業出来るようにします。

僕のエブリィワゴンはDIYでデットニング施工をしてあるので、ビニールはもう取り外し済みで、サービスホールを塞いだアルミテープを剥がせばアウターハンドルにアクセス出来ました。

デットニングの記事はこちらへ

エブリィをDIYデッドニングして防音 断熱、車内を快適に!荷台、スライドドア編
こんにちは!陽だまりです。走行距離も8000万キロを超えて、振動や走行音も増えてきたエブリィワゴン。軽自動車なので仕方がない所もありますが、なるべく車内は高級車みたいに静寂性が高い方が良いです。エンジンオイル交換も...

アウターハンドル本体を付け替える

アウターハンドルは下の写真の2箇所のナットを外します。

矢印の部分です。

アウターハンド取り付けボルト上
アウターハンドル取付ボルト下

サービスホールに手が入りにくいので、工具を駆使してなんとか外れました。

ナットが下に落ちてしまうとスライドドアの中に入ってしまって、絶対に取れなくなってしまうのでナットが落下しないように気をつけなければなりません。

矢印で示されたアウターハンドルのワイヤー

ナットを2本外しらアウターハンドル本体が外れて引っ掛けてあるワイヤーが外せるようになっているので、ワイヤーを外してしまいます。

外された、矢印で示されたアウターハンドルのワイヤー

ワイヤーが外れたらアウターハンドル本体を車両の外側から取り出します。

取り付けはその逆をするだけです。

一番注意したいのはナットを外す時も締める時も落とさない事です。

取り外しの為のサービスホールが割と小さいので工具や手が入りずらく、色々な角度からアプローチしてみてなんとかナットを落とさずに外せました。

そして新しく購入したアウターハンドルを取り付けました。

アウターハンドルが交換されたエブリィワゴンのスライドドア―
スライドドア―が開いたエブリィワゴン

無事にドアが外から開く様になりました。

10年間も開かずのスライドドアだったので、スライドドア自体が車体にへばり付いていて最初は開かなかったのですが力技で開きました。

長年の放置でスライドドアがかなり固くて重くなっていて、スムーズに開くように稼働部分をグリスアップして完成です。

このくらいの修理でもディーラーや修理屋に頼めばパーツ代と工賃で1万円以上かかってしまうと思います。

簡単な車のメンテナンスやDIYで行うと凄く安く済みます

他の車のDIYの記事はこちらへ⇩

エブリィワゴンのオイル交換とエレメント交換を自分でやるのに必要な9個のアイテム
みなさんは車のエンジンオイルの交換は自分でやっていますか?ディーラーやショップに任せていますか?今回は整備士でもない僕がエブリィワゴンをDIYでオイル交換する時の道具5つを紹介しながらオイル交換を実地していきたいと思います。...
ヘッドライトの黄ばみの除去を業者に頼まず自分でDIY、驚くほど輝きを取り戻します!
僕のエブリィワゴンは平成12年式、もう販売されてから20年以上経ってしまいました。走行距離は80000kmなのでまだまだエンジンは元気なのですが、ゴムやプラスチックの部品は経年劣化でヒビが入ったり割れやすくなってきています。...

今はインターネットで修理の情報はいくらでもあるので自分でDIYして見るのも悪くないです。

昔のインターネットなどの情報がない時代と比べるとはるかに多くの事をDIYで出来るようになってます。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました