ヘルメット(Arai ツアークロス3)をカッティングシートでラッピング!

趣味のバイクの話

こんにちは!陽だまりです。

今日は僕の使っているヘルメットを紹介します!

スポンサーリンク

ツアークロス3に決めた理由

Arai ツアークロス3

このヘルメットは2012年から販売されてるヘルメットなんですがデザインが気に入りまして購入しようと思いました。

一番の購入理由はシールドを外さずに上げた状態でゴーグルが付けられるヘルメットだった事です。

昼に走る時にはスモークのかかったゴーグルで暗くなったらクリアなシールドで走る事が出来るのでこのツアークロス3に決めました。

SHOEIから販売されているヘルメットの「HORNET」もシールド、ゴーグルを両方装着出来るみたいなのですがツアークロス3の方が好みだったのでこちらに決めました。

ゴーグルがつけられたツアークロス3

ですが一流メーカーの「Arai」ですし、シールドも付いていて内装も全て外せたりとなかなか高機能なので、単色でも35000円以上してしまいます。

とても購入出来る代物ではありません。

なので中古で色はホワイト狙いで購入する事にしました。

ヤフオク!で17000円で落札する事ができました。

ソファーに置かれたツアークロス3

いや〜、カッコいいですね ツアークロス3!

ゴーグルも購入しまして、シールドを付けたまましっかりとゴーグルをする事が出来ます。

やはりオフロードのヘルメットはゴーグルが似合います。

多少のキズはありましたが内装はとても綺麗でヘタれもありませんでしたし、こんなに安く手に入ったので大満足です。

ホワイトにした理由は自分好みに変えられるから!

ホワイトにした理由は好きなデザインの商品を中古で安く手に入れられる確率はかなり低く、待っててもヤフオク!などで出品される可能性が低いのもあります。

サイズも合ってる物もいつ中古が出てくるかもわかりませんしね。

そう、ラッピングして自分の好きなカラーとデザインにしてしまおうと言う訳です。

塗装よりもカッティングシートでラッピングした方がかなり安価ですみます。

塗料は1本で1000円程してしまいます。

塗装も考えましたが、手軽に出来そうなカッティングシートでのラッピングを選びました。

ラッピング開始!

黑のカッティングシートが貼られたツアークロス3

デザインのセンスにあまり自信がないので販売されているツアークロス3のカラーを参考に、複雑にならないようなデザインで思いつき(笑)でカッティングシートを貼り付けていきます。

黒と赤のカッティングシートが貼られたツアークロス3

赤と白と黒の3色が好きなので、その3色で試行錯誤していきます。

ツアークロス3のカッティングシートでのラッピング作業風景

好みのデザインになってきました!

行きあたりばったりってステキです(笑)。

カッティングシートでラッピングが完成されたツアークロス3

もうここまでくればステッカーだよりです!

ステッカーが貼られたツアークロス3の後ろ姿

真っ白なヘルメットから大分にぎやかになりました。

上からクリアを吹きかければカッティングシートやステッカーの劣化や剥がれは防げますが、カラーリングを変更したくなった時に白に戻せなくなるので今回はクリアなしで。

カッティングシートを剥がせばいつでも戻せるし、また違うカラーに出来るのでこれで完成です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました