WR250X外装塗装編

趣味のバイクの話

こんにちは!陽だまりです。

ついにエンジンがかかり、塗装を開始したWR250X、走れる日も現実味をおびてきましたよ!

なのでモチベーションもガンガン上がりますね♪

後は細かいパーツと塗装を終わらせてナンバー登録をすれば走れますので外装の塗装をどんどんやっていきましょう。

まずは前回塗装したシートカウルを塗装したようにサイドカバーとシュラウドを塗装していきます。

前回のシートカウルの塗装はこちらへ

塗装されたWR250Xのシュラウド

基本的に塗装はバンパープライマー→プラサフ→耐水ペーパー1000番→白→耐水ペーパー→クリア→耐水ペーパー→コンパウンドの順番で仕上げていきます。

マスキングテープでラッピングの型をとっているWR250Xのシュラウド

ストロボラインの作成に取り掛かります。

YAMAHAと言えばストロボカラーなのですが、このWR250Xは限定カラーでストロボカラーの外装セットが販売されていました。

そのストロボカラーの外装セットは中古でもかなりたかいので、自作で何とかします。

せっかく自作なのでオリジナルなカラーにしたいと思って黒白のストロボカラーにしてみます。

黒と白だけだと味気ないので、赤とシルバーをアクセントに入れようと思います。

ここら辺はネットの画像を頼りに感覚で作っていきます。
はっきり言って適当です(笑)

まっすぐ均等に作っていくのは難しいです。シートはオリジナルのデザインで赤と黒と白にしていきます。

部屋でのWR250Xのラッピング風景

シュラウドが平坦ではないのでかなり難しいですが、気合いで乗り切ります。

個人的に赤と黒と白が好きなので全体をこの配色に統一していこうと思っています。

ストロボカラーにラッピングしているWR250X

左側も同じように作って、、、

ストロボカラーのシュラウドにラッピングされたWR250Xを後ろから撮影

YAMAHAのステッカーはメルカリで購入。

個人が作った物なのでオリジナルとはビミョーに違いますが、値段が安いので我慢ですね、、、

シュラウドにYAMAHAのロゴステッカーを貼っている

サイドカバーにも赤黒白を入れます。

黒は塗装であとはカッティングシートですね。

アクセントに赤のラインを入れるとかなり高級感がましましですね。

シュラウドとサイドカバーをラッピング

いや~マジでいい感じになってきました♪

自己満足の世界に浸ってます!

YAMAHAのロゴが貼られたWR250Xのフロントフォークカバー

フロントフォークカバーは白にYAMAHAのロゴ。

テールカウルにも赤と黒を入れます。

赤黒白だけだと少し安っぽさが出てしまうので、アクセントとしてシルバーのラインを入れてみました。
また高級感がまします( ´∀` )

ラッピングされたWR250Xのシートカウル

この辺は表面が平坦なので簡単に作れますね。

そしていつの間にか手に入れたフロントカウル、これも赤黒白にカッティングシートで色付けしていきます。

ラッピングされたWR250Xのフロントカウル

これで一応基本的なカウル塗装は完成です!

ラッピングが終わったWR250Xの全体の画像

これをベースにステッカーで豪華にしていこうと思います♪

走れる日は近い!!と思うのですが、、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました