塗装と自作デカールで外装セットを作る WR250Xはストロボカラーが似合う!

趣味のバイクの話

無事にエンジンがかかり外装の塗装を開始したWR250X、とりあえずシートカウルのベース色の塗装から終わらせました。

シートカウル塗装の記事はこちらへ⇩。

エンジン点火 WR250X〜外装塗装、PP(ポリプロピレン)にはやられました!
ついにエンジンが積まれたWR250Xですが、いよいよエンジンをかけるまでの状態に近づいてきました。WR250X制作の前回の記事はこちらへ⇩。エンジンが積まれたのでラジエターの冷却周りや電気系、インジェクションなどの...

とりあえず全ての外装をベース色の白に塗って全ての外装パーツの色を統一したいのでシュラウドやサイドカバー、フロントカウルの塗装をやります。

塗装されたWR250Xのシュラウド

800番の耐水ペーパーで全体をならした後に、しっかりと脱脂して塗装を開始します。

もうWR250Xの外装の材質がPP(ポリプロピレン)という事がシートカウルの塗装での失敗から分かっていたのでバンパープライマーをしっかりと吹き付けます。

基本的に塗装は、バンパープライマープラサフ耐水ペーパー1000番白塗装耐水ペーパークリア耐水ペーパーコンパウンドの順番で仕上げていきます。

真っ白のままもカッコイイかも、とも思ってしまいます。

スポンサーリンク

カッティングシートでストロボカラーを制作

ヤマハと言えばストロボカラーなのですが、このWR250Xも限定カラーでストロボカラーの外装セットが販売されていました。

MDFなどのデカールキットもカッコいいのですがヤマハはやっぱりストロボカラーが似合います。

そのストロボカラーの外装セットは中古でもかなり高価なので自作で何とかしようと思います。

マスキングテープでラッピングの型をとっているWR250Xのシュラウド

出来れば塗装のみで仕上げたかったのですが、ストロボカラーみたいな複雑な物は難しいので、やり直しのしやすいカッティングシートを使います。

せっかくカッティングシートで自作するので純正のカラーとは違う配色でオリジナリティーを出していきます。

黒と白だけだと味気ないので、赤とシルバーをアクセントに入れて見ました。

カッティングシート自体は安く何度でもやり直しが出来るので、細かい計測はせず、ネットの画像を頼りに感覚で作っていきます。

シュラウドの表面は平坦ではないのでまっすぐ均等に作っていくのは凄く難しいです。

ストロボ部分はオリジナルのデザインで赤と黒と白にしていきます。

部屋でのWR250Xのラッピング風景

個人的に赤と黒と白が好きなのでシートカウルとサイドカバーもこの配色に統一していこうと思っています。

ストロボカラーにラッピングしているWR250X

左側も同じように作って、、、

ストロボカラーのシュラウドにラッピングされたWR250Xを後ろから撮影

微妙に左右でストロボの位置が違うような、、、細かいことは気にしないのが自分良いところです。

シュラウドに貼ってある「YAMAHA」のステッカーはメルカリで購入。

個人が作った商品のようなのでオリジナルのYAMAHAのステッカーとは微妙に違いますが、こっちの方が値段が安いので我慢です、、、。

シュラウドにYAMAHAのロゴステッカーを貼っている

サイドカバーは白と黒の2色塗装にカッティングシートで赤いラインを入れました。

シュラウドとサイドカバーをラッピング

白と黒の2色だけではなくアクセントに赤のラインを入れると、かなり高級感が増してとても良いです。

全体に統一感も出てかなりいい感じです!

フロントフォークカバーはシンプルに白にYAMAHAのロゴ。

YAMAHAのロゴが貼られたWR250Xのフロントフォークカバー

テールカウルにも赤と黒とグレーのラインを入れました。。

ラッピングされたWR250Xのシートカウル

赤黒白だけだと少し安っぽさが出てしまうので、アクセントとしてシルバーのラインを入れてみました。

入り組んだ難しいデザインだと作るのが難しいので、なるべく直線的なデザインをするように工夫していきます。

シートカウルは表面が平坦なのでカッティングシートを貼るのが簡単です。

ヤマハの音叉マークは元々持っていた物を再利用。

また高級感が増した気がします。

そしていつの間にか手に入れておいたフロントカウルとヘッドライト、これも赤黒白にカッティングシートで色付けしていきます。

ラッピングされたWR250Xのフロントカウル

これでフロントフェンダー以外の塗装は完成、フロントフェンダーはショートフェンダー風に純正フェンダーをカット予定なので後回しにしました。

ラッピングが終わったWR250Xの全体の画像

塗装のベースは完成したので、後は少しずつステッカーでカッコよくしていきます。

安い割にカッコいい!激安LEDウインカーと純正テールランプ

ウィンカーやテールランプも揃えました。

純正のウィンカーよりも安く手に入るのでAmazonで激安のLEDウィンカーを購入しました。

デザインがWR250Xに似合っていてLEDで価格も4本で3999円と純正の中古を購入するよりも安く済むので、こちらのウィンカーを選びました。

シャープな形状でWR250Xによく似合います。

格安でも光量充分!ホントに大満足の社外LEDウィンカーでした。

テールランプは純正の方がカッコいいです。

ウインカーとテールランプのデザインが似合っていてとても気に入っています。

純正テールランプはとても良いデザインなので社外の物にするつもりはなくて、せめてスモークにするくらいで充分でしょう。

出来れば社外品のスモークのテールランプにしたかったところですが、安かったので純正のクリアを選びました。

いよいよ次回はWR250XがX用のホイールを装着して二階の部屋から外に旅立ちます!こちらの記事へどうぞ!

WR250R用〜X用ホイールに交換、WR250Xついに地上へ降臨!
さて、WR250Xの組み立てもかなり完成に近づいてきました。外装の塗装とストロボカラーの制作もほぼ完成しまし、後はX用のホイールとブレーキ関係を組み込めば、いよいよWR250Xを部屋の中から外に移動しようと思います。...

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました