エンジン点火 WR250X〜外装塗装、PP(ポリプロピレン)にはやられました!

趣味のバイクの話

ついにエンジンが積まれたWR250Xですが、いよいよエンジンをかけるまでの状態に近づいてきました。

WR250X制作の前回の記事はこちらへ⇩。

ついにエンジン搭載WR250X!〜細かい電装系や補機類を組み込む
さて今回のWR250X組み立て計画も車体まで完成しました。なかなか状態の良い車体に仕上がって来ているので、そこそこ状態の良いエンジンを乗せたいところです。前回までの記事はこちらの記事へ⇩。そしてついにヤフオ...

エンジンが積まれたのでラジエターの冷却周りや電気系、インジェクションなどの燃料系を全て終わらせました。

歪みを修正したラジエターもなんとか装着出来たので、エンジンをかけた時にラジエター液の漏れがないか要注意です。

歪んだラジエターでもまだまだ使えます!WR250Xの豪華なフロントフォークも入手
物欲の勢いでなんとか手に入れようと作り始めた「WR250X」ですが、まだまだ始まったばかりで先が見えてません。前回までの記事はこちらへどうぞとにかくフレームと足廻りを入手して骨組みだけでも完成させたいところ。...

走り出してからのエンジントラブルは致命的なのでここら辺は慎重にサービスマニュアルを熟読しながら確実にチェックしていきます。

特に電気系のトラブルは分かりにくいのでテスターを使いながら通電を完璧にチェクしておきます。

スポンサーリンク

セルスイッチを押してエンジンスタート!

そしてオイル、冷却水、ガソリンを入れ緊張しながらいよいよセルスイッチを押します。

部屋に置いてあるWR250X

ドキドキしましたが、内心「まぁどうせすんなりエンジンがかかる訳がないよな~」とエンジンがかかる自信はなかったです。

ところが、予想に反してエンジンがすんなり勢いよくかかってしまいました!

6畳の狭い部屋なので地響きのように部屋にエンジン音が鳴り響きます(汗)

アクセルを少し開けてみたところふけ上がりも良好です!

ホントに正直言ってこんな簡単に一発でエンジンがかかるとは思ってませんでした。

しかしノートラブルかと思いきや、よく見るとエキパイから煙が!(動画あります)

とかなり焦りましたが、中古で落札したエキパイの表面に何か塗られていたようで、それが熱で蒸発した湯気でした。

しばらくエンジンをかけ各部を念入りにチェックします。

そして心配していたラジエターからの液漏れもなく今の所、順調に作業は進んでいます。

フレームを購入した日から約半年間、なかなか長かったです。

すぐに走れる状態ではないのですが、一つの大きな山を超えた気持ちです。

なんて感動に浸ってる暇はありません。

とりあえずエンジンに異音もなくふけ上がりもスムーズなので一安心しました。

これからやらなければならない事はやはりX用のホイール、チェーンなどの駆動系、前後ブレーキ関係、外装の塗装などなど。

ホイールもブレーキ関係もまだパーツはないので、パーツを集める所から始めなければなりません。

走る為にやらなければならない事が山ほどあるので、今出来る作業からどんどん進めて行きます。

PP(ポリプロピレン)への塗装は難しい?塗装して分かりました

エンジンをかけるという一番の山場を乗り超えて、次からは楽しい塗装とデカール貼りの作業に移っていきたいと思います。

バイクのカウルの塗装は何度か経験があるのでスムーズに作業出来るはず。

カラーリングはYAMAHAらしさを出しつつ、オリジナリティーを出していこうと考えております。

やっぱりYAMAHAといえばストロボカラー!

ベースの色は白で、ストロボ部分をカッティングシートで作っていく予定です。

とりあえず下地用にプラサフを塗装してみましたが、ここで大失敗!

写真の様にプラサフがはじきまくってます!

脱脂が不十分でプラサフがはじいてしまったWR250Xのシートカウル

そうWR250Xはオフロードベース車なので外装類がPP(ポリプロピレン)で作られています。

その事をすっかり忘れてました!

オフロード車のボディーに使われているポリプロピレンは下塗りにバンパープライマーやミッチャクロンを塗らなければならないので、これを塗らなかったからなのかプラサフが上手くのってくれませんでした。

PP(ポリプロピレン)の塗装には必ずこれを使いましょう。

乾いてからヤスリで塗装を削りなおしてやり直しです。

気を取り直して今度はヤスリがけをして念入りに脱脂した後にバンパープライマーを吹き付けます。

ベランダで乾燥している塗装されたWR250Xのシートカウル

今度は上手くいってくれました。

バンパープライマーをしっかりと塗ればPP(ポリプロピレン)の素材でもしっかりと塗装はのりました。

更にベース色の白を吹き付けヤスリとコンパウンドで塗装表面を整えてベース色の塗装は完成。

塗装が終わりコンパウンドで磨かれたWR250Xのシートカウル

車体に装着してピカピカなテールカウルが出来上がりました!

これにカッティングシートでオリジナルデカールを貼って最後にクリアを塗ればテールカウルは完成。

こんな調子でシュラウドやサイドカバーも真っ白にしていこうと思います。

まずは塗装前にボロボロのシュラウドを修理していきます。

右側のシュラウドの破損が酷く、取り付け部分も折れてしまっているので、タイラップで修正。

完全に取り付け部分が欠損している所はL型のプレートで作り直しました。

内側なので見た目には影響ないのと、しっかりとシュラウドが固定されてくれればOKです。

1000円程で手に入れたシュラウドなので完全な物は求めません。

外装の修理が終われば次は塗装を開始します、そこからの記事はこちらへ⇩。

塗装と自作デカールで外装セットを作る WR250Xはストロボカラーが似合う!
無事にエンジンがかかり外装の塗装を開始したWR250X、とりあえずシートカウルのベース色の塗装から終わらせました。シートカウル塗装の記事はこちらへ⇩。とりあえず全ての外装をベース色の白に塗って全ての外装パーツの色を...

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました