iPhoneでもAndroidでも磁石の力でピタッと「マグネット式充電ケーブル 」がとてもおすすめ!

商品

先日、自分のスマホの充電をしようと思ったらまたこんなことに!

僕は100均のDAISOやSeriaのタイプCの充電ケーブルを使っているのですが、頻繁に上の画像の様な先っぽの端子部分が曲った状態になってしまいます。

まだ充電は出来るのですが使うのは少し危険な気がするので捨ててしまいます。

うちにいる中学生と小学生の息子達もこの充電ケーブルを使っているので割とこういう事が起こってしまいます。

DAISOのケーブルもちゃんと丁寧に扱えば直ぐに曲がったりしない長持ちする製品ですけど、子供の手にかかればひとたまりもありません。

子供って機械に対する扱いが慣れていないし乱暴です。

充電ケーブルが壊れるたびに、DAISOで200円商品の充電ケーブルを購入するのがもったいなくなってくるレベルです。

なので凄く便利で使いやすいと言う噂の、この製品を使って見る事にしました。

「マグネット式充電ケーブル」

僕も最近になってこの製品をしりました。

この「マグネット式充電ケーブル」を一度使ってみるとすごく使いやすく便利で、前の物には戻れなくなることは間違いありません!

スポンサーリンク

iPhoneとAndroidで主に3種類の充電ケーブルの端子があります

スマホの充電ケーブルの端子の種類は主に3つあります。

・Micro USB

形は台形で、古めのAndroidスマホに多く使われています。現在はスマホ以外のタブレットや他のUSBから電源をとる電子機器の多くに使われています。裏表が決まっているので割と刺しにくいです。

・USB TypeC

最近のAndroidスマホのほとんどに使われている充電ケーブルの端子でMicro USBの上位の規格になります。裏表がないので機器に接続しやすく、これから更にUSB Type Cの電子機器は増えていくと思います。

・Lightningケーブル

主にiPhoneやipadなどのアップル製品だけに使われている専用充電ケーブルの端子です。

マグネット式充電ケーブルがとても便利

今回購入した製品はSANTIHO(サンタホ)という聞き慣れない名前のメーカーのマグネット式充電ケーブルです。

今回はAmazonで購入、割と簡易的な袋に入って送られて来ました。

内容物

  • ケーブル50㎝✕3本(100.100.150cm)
  • プラグホルダー✕3
  • MicroUSBプラグ✕3
  • TypeCプラグ✕3
  • Lightningプラグ✕3

と3種類の充電端子に対応出来る様に揃っています。

細かいプラグがバラバラにならないようにプラグ用のホルダーが付属されているのが凄くいいです。

僕はアップル製品は使っていないのでLightningプラグは無駄になってしまいます。

ケーブル本体もゴム製ではなくナイロン製なので絡みにくくて肌ざわりがよく、質感がとても良いです。

これだけ揃っていて1880円はお手頃価格と言って良いでしょう。

データ転送と急速充電に対応してるものといないものがあるので要確認です。

今回購入した製品は急速充電が最大出力2.4Aで、データ転送は不可になっていました。

使い方や便利な機能

まず下の画像のように端子のプラグをスマホの充電差込口に装着します。

基本的にプラグはスマホなどの機器に付けたままになると思います。

そこにケーブルの先っぽの磁石の部分を近づけると、、、。

磁石の力で吸い寄せられてカチッとスマホ側の端子のプラグにくっつき充電が始まります。

充電の度に抜き差しする必要がなくなり近づけるだけで勝手にくっついてくれます。

さらに凄く便利なところが下の画像のように角度を変えられるので端子部分に無理な力がかかる事がありません。

ケーブルも360度回転される事も出来ます。

この使いやすさは感動ものでした。

もちろん、スマホだけではなく他の充電式の電子機器にも使用する事が出来ます。

下の画像はDAISOのワイヤレスイヤホンですがMicroUSBプラグを挿しておけば、端子の違うケーブルを差し替える事なくスマホを充電していたケーブルを使う事が出来ます。

僕が気に入って毎日使っているDAISOのワイヤレスイヤホンの記事はこちらへ⇩

1100円で買えるDAISOのBluetooth完全ワイヤレスイヤホンはかなりおすすめです
先日、いつもスマホで音楽を聴くときに使っている有線のイヤホンがまた壊れました。いつもDAISOで300円で購入しているんですけど、まぁ壊れやすいです。1年間で4個目かな、、、。音質も悪くないしリモコンも付いていて使...

しかも、常にケーブルの先端がLEDが点灯してくれている製品もあるので、寝る前など暗い状態でも充電ケーブルを探しやすい配慮もされています。

マグネット式充電ケーブルのメリット デメリットなどまとめ

メリット

  • 片手でも抜き差しが出来る
  • 抜き差しの回数が減るので端子に負荷がかからない
  • 無理な力がかからないので端子部にやさしい
  • 充電しようとした時に端子の種類を探すことなくケーブルを探し出すことができる
  • LEDランプが点灯するので暗闇でもケーブルを探せる
  • スマホの充電の差込口が塞がれるので防塵防水にもなる

デメリット

  • 衝撃を与えるとプラグの磁石部分が割れる事がある
  • 端子のプラグが抜けない時がある
  • 端子のプラグを装着しなければならないので極薄型のスマホだとプラグが少し出っ張ってしまう

マグネット式充電ケーブルまとめ

マグネット式充電ケーブルはとても便利で使いやすいですがデメリットもあります。

特に耐久性にはデメリットが多いです。

端子のプラグはとても小さい物ですが、薄型のスマホだと端子のプラグが少しだけ出っ張ってしまいます。

ネットなどの口コミですと磁石部分が割れたり、端子のプラグがぬけなくなるトラブルがあるようです。

僕は1ヶ月ほど使っていますがそのようなトラブルはまだありません。

壊れなければデメリットはほとんどなく、非常に便利で優れた製品だと思います。

近づけただけでくっついてくれるので車やバイクにスマホやタブレットを使う時など、少しケーブルを刺しにくい状況にある所だと特におすすめです。

バイクのスマホホルダーにマグネット式充電ケーブルを使ってみた記事はこちらへ⇩。

Amazonで最安値のバイク用スマホホルダーとマグネット式充電ケーブルが便利です!
僕はWR250Xでツーリングに行くときは道案内にスマホアプリのYahoo!カーナビを使っています。ハンドルバーにスマホホルダーを装着しているのですが、そのスマホホルダーは719円と激安で購入しました。かなり安いバイク用スマ...

僕は身の回りの全ての充電ケーブルをマグネット式に交換して使っています。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました