1100円で買えるDAISOのBluetooth完全ワイヤレスイヤホンはかなりおすすめです

商品

先日、いつもスマホで音楽を聴くときに使っている有線のイヤホンがまた壊れました。

いつもDAISOで300円で購入しているんですけど、まぁ壊れやすいです。

1年間で4個目かな、、、。

音質も悪くないしリモコンも付いていて使いやすいんですけど、1ヶ月ももたないで壊れる時もあります。

でも安いのでつい同じ300円の有線イヤホンを購入してしまいます。

断線して片側が聞こえなくなる故障がほとんどで、安いと思って割り切って使ってきました。

なので新しいイヤホンをDAISOに購入しにいったところ、こんな商品を発見しました。

DAISOのBluetooth完全ワイヤレスイヤホン

DAISOのBluetoothワイヤレスイヤホンの箱と中身

DAISOさんこんなものまで販売するようになったんですね。

驚きました!

しかも値段が1100円と破格の安さです。

一昔前は1万〜2万していたBluetoothイヤホンがいつの間にか1100円で手に入る時代になっていました。

他のDAISOで購入した安くて使える商品はこちらの記事です⇩。

100均のSeriaやDAISOの「洗車用ふきあげクロス」が便利すぎてオススメです!
先日、100均のSeriaの車コーナーで買い物をしていた時にこんな変わった物を発見しました。クロスとは「織物、布地」という意味で文字通り洗車の拭き上げの時に使うタオルなのですが、これがかなり使いやすくてとても便利でした!...
DAISOの500円4000mAhモバイルバッテリーはスマホ何回充電できる?
100均のDAISOの電気製品売り場には、さまざまな商品が販売されるようになりました。コンセント関係や電球、スマホの充電器やコードなどの商品も充実してきました。DAISOの便利な商品のレビューはこちらへ⇩。...

このDAISOのBluetoothイヤホン、本当にちゃんと使えるのかどうか半信半疑でしたが興味本位で購入してみました。

最近のDAISOの商品は優秀な物が多く、使えなかった事はないので期待が膨らみます。

箱は立派でとてもDAISOの商品とは思えない質感になってます。

付属品はイヤホン本体と充電ケース、ケーブルと説明書だけでいたってシンプル。

使用に必要な最低限な物だけ入っていました。

イヤホン本体や充電BOXの外観の質感はまぁ100均だなぁって感じです。

外観はともかく性能と使いやすさが重要かと思います。

早速電源を入れて使ってみました。

電源は充電ケースから外すと自動でオンなり、充電ケースに戻すとオフになるのでとても使いやすいです。

手動で電源を入れる場合は左右とも本体の背面に付いてるボタンを押します。

下の画像の◯印の所です。

スイッチを黄色いまるで印されたイヤホン

このボタンを3秒長押しすると電源が入ります。

電源を入れると「Power ON」と音声でアナウンスしてくれるのでイヤホンを耳に装着してから電源を入れると分かりやすいです。

電源を切った時は「Power OFF」とアナウンスしてくれます。

スマホにペアリングしていつも使っているYou TubeMusicで音楽を聴いてみます。

ペアリングはスマホのBluetooth設定の所でに「DAISO_TWS001」が出てくるのでそれを選んで一度ペアリングすると、次に使うときは自動でペアリングしてくれます。

とても簡単な操作感です。

スポンサーリンク

DAISOのBluetooth完全ワイヤレスイヤホンの音質は文句なし!

スマホにペアリングされたイヤホンとスマホ

ジャンルをJPOPでロック調の音楽を聴いてみると、重低音がスゴイです。

箱に「リズム際立つ迫力の重低音」とうたっているだけあります。

バスドラやベース音がズンズン響きます

DAISOのBluetoothワイヤレスイヤホンの箱のアップ画像

少し低音が強すぎる気もしますが個人的に低音が強い方が好みなのでとても心地よいです。

音にあまり詳しくはない方なので詳しいインプレッションは出来ませんが、安価のイヤホンでここまで低音がしっかりと出てる物は初めてです。

いつも安物のイヤホンを使ってるからかもしれませんが、いままでで一番音質がよく低音がしっかり出てます。

音質については文句なしです!

イヤホン本体と充電ケースの充電はどうやるの?

こういったバッテリーを搭載した商品は充電時間の長さとバッテリーの持ちが気になるところなので実際に長時間使ってみました。

結局充電が煩わしかったりバッテリーの持ちが悪かったりすると、コード付きのイヤホンの方が楽で良かったりもすると思います。

イヤホン自体にバッテリーが入っているのと充電ケースにもバッテリーが入っていて、充電ケースを家で充電して使っていない時はケースに入れればイヤホン自体に充電される様になってます。

充電ケースで充電されでいるイヤホン

イヤホン自体のバッテリーは4時間、充電ケースは6時間もつので合計10時間の再生が可能となってます。

イヤホン単体でも4時間もつので、通勤や通学の間に使うのであれば一日十分なバッテリーのもちだと思います。

使っていないときに充電ケースに入れておけば、合計10時間再生が出来るので充電ケースごと持ち歩けば旅行などでも安心して十分使えるバッテリー性能です。

充電ケースは磁石になっていて、イヤホンを近づけるとパシッと吸い付いてくれるので落として壊してしまったり無くしてしまう心配もありません。

充電ケースも小さくて軽いので持ち歩くには支障ありません。

ボタンが2つしかないけれどリモコンの使い方は?

次にリモコンの使い方なのですが、ボタンが2つしかないので若干の慣れと覚える事が必要かと思います。

説明書にも書いてありますが、簡単にに記載しておきます。

R【右】

  • 長押し⇨電源
  • 1回押し⇨再生 一時停止
  • 2回押し⇨スキップ
  • 3回押し⇨音量アップ

L【左】

  • 長押し⇨電源
  • 1回押し⇨再生 一時停止
  • 2回押し1曲戻し
  • 3回押し⇨音量ダウン

音楽再生はこんな感じに簡単な操作になっているので慣れてしまえば誰でも簡単に操作出来る様になります。

後はどのくらいの期間壊れないで使えるかなんですけどDAISO商品なので長くは使えないと思います。

僕としては1年間もてばいいと思うのですが、どうなることやら、、、。

バッテリーも劣化していくだろうし。

とにかくこのDAISO Bluetoothイヤホンは壊れなければ、コスパ抜群のお買い得商品だと思いました!

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました