トイレの水が流れない!流れ続けてしまう!なんて時はダイヤフラムの故障を疑いましょう。

修理 DIY

こんにちは!陽だまりです。

先日、家のトイレが壊れました。

どういう症状かというと手洗いの水が全く出なくなり、トイレのタンクに水が溜まってくれません。

シューシュー変な音もしています。

タンクに水が溜まらないので水が流せなくなってしまったのです。

トイレと言うことですぐに直さなければ生活出来ないので、業者に修理を頼もうと思ったのですが、問い合わせたところ出張料やら技術料などで15000円ほどかかってしまうみたいです。

トイレは毎日使うものですけど15000円の予定外の出費はイタい、、、

頭の中でこの出費をなんとか回避出来る方法をフルパワーで考えました。

もう自分で修理するしかありません!
トイレの修理などやったことがないので全く知識はないのですが、とりあえず出来る所まで自分で直してみようと。

二階にもトイレがあることだし家族の了承を得て自分で直してみる事にしました。

スポンサーリンク

原因を探す

まずトイレのタンクを開けてみました。

壊れたトイレタンクの中

調べた所によるとトイレの故障の原因の多くはダイヤフラムというパーツの劣化と破損であるという情報を得ました。 

トイレの水を流すとシューシュー異音がしてタンクの水が空になったり、手を洗う水が出なかったりするのはこのダイヤフラムの劣化が原因になる事が多いみたいです。

ダイヤフラムとは簡単に言うと水の流れを調節する弁の役割を果たしているゴムのパーツです。

なので、このダイヤフラムというパーツを探します。

まず、トイレの作業をする時には必ず止水栓で水をストップし水が噴き出してしまうトラブルを防ぎます。
トイレが水浸しになったら大変です。
この止水栓はほとんどがトイレ内にあります。
大体がタンクの下あたりにマイナスドライバーで回せる様になっているのが止水栓です。

止水栓の場所

トイレタンクの構造はトイレのメーカーや年式によって色々な形があるので同じメーカーと型式の画像や情報をネットでさがします。

まずはトイレタンクのふたを外します。

壊れたトイレタンクの中

この型式のトイレは結構多く使われているので、同じ人も多いのではないでしょうか。

この丸で囲んだ部分を左にまわして外します。

トイレのタンクの蓋をあけてダイヤフラムの場所に丸印

ここを外すと黒いゴムのダイヤフラムが出てきますのでこれを手で外します。

トイレのタンクの蓋を開けてダイヤフラムを外した様子


ハマっているだけなのですぐに外れます。

やっぱりここのゴムの部分が破れてました!

破れて壊れたダイヤフラム

コレがダイアフラムという部品です。
ゴムの部品なので年数が経つと劣化で破れてしまうんですね、バッチリ破れてましたよ、、、

ダイヤフラムの購入

間違いなく原因はダイヤフラムと判明したのでこの部品を購入します。

トイレの型番

ここに記載されている型番からダイヤフラムの品番を探してしだします。

ホームセンターで探したところ、在庫はなく注文になってしまうらしく数日かかってしまうので、どうせ在庫がないならネット通販の方が早そうなのでAmazonで購入することにしました。

トイレの型番を調べて注文したのがこれです。

Amazonで購入した新品のダイヤフラム

ポチッた次の日には届きました。

交換した結果

このダイヤフラムを交換して、トイレを元に戻します。

恐る恐るトイレを流してみます、、、

流れました!!

勢いよく、元気よく(今までと変わらないはずですが)流れてくれました。

変な異音もしませんし、手を洗う水もでてくれました。

いや~、自分でトイレを修理出来た事に感動です!
業者に頼めばウン万円はかかる事を900円ほどで出来た時なんかは、浮いたお金で
何か買ってしまおうなんて思っちゃいますね(笑)。

トイレの故障はこのダイヤフラムの他にボールタップの故障、排水弁の詰まり、フロート弁などの原因があり、割と自分で修理出来る事も多いみたいです。

ホームセンターにもボールタップなどのパーツも販売しているので、トイレが故障した時には慌てず、騒がずトイレタンク内を調べて見るのもいいかもしれませんよ。

意外と自分で修理出来る事かもしれません!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました