スポンサーリンク

WR250Xに乗りたい!ヤフオク!でパーツを集めて組み立て〜フレーム購入の日

趣味のバイクの話

これから僕の趣味であるバイクの整備、カスタムについて投稿していきます。

部屋の中にバイクのフレームがやってきました。。

この日から僕は二階の自分の部屋の中でヤマハの「WR250X」を組み立てて、1台のバイクとして走れるように組み立てていくことになります。

なぜ自宅の部屋の中で組み立てる理由。

  • 家の外にバイクの整備ができるガレージやスペースがない
  • 室内だとエアコンがあり快適整備できる
  • 夜間の整備が可能
  • テレビやYou Tubeを観ながら作業できる

WR250Xが完成して二階の部屋から外に出す方法は考えてません。

バーツを集めるためのショプやフリマ

  • ヤフオク!
  • メルカリ
  • ラクマ
  • アップガレージライダース

品揃えが一番多いヤフオク!を9割使ったと思います。

その後10ヶ月という期間をかけて、無事にWR250Xのオーナーとなることが出来ました。

どうしてこういう方法でWR250Xを組み立てるハメになったのか、今回の記事はその第一歩です。

スポンサーリンク

カスタムされたヤマハ「WR250X」の実物を見て一目惚れ

2017年夏、、僕が車で信号待ちをしていたところ1台のバイクが前を横切りました。

4サイクル単気筒エンジンの心地よいサウンド、軽そうで何処へでも行けそうな自由感、アクセルを開ければ鋭く加速しそうな戦闘的スタイル。

その圧倒的存在感に心を奪われてしまいました。

知り合いに聞いたりネットで調べたりして、そのバイクの正体が分かりました。

ヤマハの「WR250X」です。

当時の僕は市販車にあまり詳しくなく、WR250Xの存在すら知りませんでした。

4サイクル250㏄単気筒で31psもあり、ぶっとい倒立フォークなのに車体重量120キロ台という軽さ!そしてこのスタイリッシュなデザイン。

スーパーモタードというジャンルで、オンロードとオフロードの両方を走破出来る性能を備えたバイクです。

2007年~2017年まで販売されており、大きなモデルチェンジなく、僕が出会った2017年に生産終了されています。

10年もモデルチェンジされなかったという事は、よほど完成されたデザインとスペックだったんでしょう。

WR250X

それからこのWR250Xについて調べていくうちに、また走り出したい欲望が止まらなくなってしまったのです(ここ何年もバイクに乗っていないので)。

ところがこのWR250Xは新車で70万円、中古でも50万円位が相場のハイスペックモデル、決して高収入ではく子育てにお金も掛かってくるこの時期の僕にはとても買えるような代物ではありませんでした。

安価でWR250Xのオーナーになれる方法⇨自分で組み立てる

まず僕が考えたのは、ヤフオク!で中古パーツが沢山売られている事。

程度の良い物から悪い物までさまざまに出品されているので、程度が悪くて格安なパーツを自分でリペアしたり、磨き込みながら組み立てて、なるべくお金を掛けずに完成させたいと思いました。。

そうすれば1台分を組み立てても安価で完成出来るはず、そんな根拠のない仮説を立ててました。

すぐには手に入らないけれどコツコツとパーツを集めて組み立てていけば、30万円くらいあれば完成出来るのではないかと考えました。

要らなくなったバイクのパーツを全てお金にWR250Xの費用にあてる

まずWR250Xのパーツを集めるための費用を作ります。

持っているバイクやパーツをヤフオク!で売りまくります。

ちょこちょこ河川敷を走らせていたYZ80もお別れ、割といい値段で売れました。

凄く速くて面白いバイクでしたがWR250Xの為になくなくサヨナラしました。

いままでありがとうYZ80!

トラックで次のオーナーの元へ運ばれて行きました。

何年か前に制作して乗っていたDT200WRのエンジンを積んだTDR50もバラして売ってしまいました。

恐ろしく速いバイクでしたが、ヤンチャ過ぎてこの歳ではもう乗れません。

DT200WRのエンジン、加工したフレーム、ランツァのチャンバーなどが次々に売れていきます。

もう古すぎてメーカーからは販売されていないエンジン系のパーツは意外と高く売れます。

持っているパーツの全てをヤフオク!で売って、すぐに目標金額を達成出来ました。

軍資金を手にWR250Xを購入(フレームのみ)

そして断捨離した軍資金で、メインフレームとスイングアームを購入!

晴れてWR250Xのオーナーとなりました!?

メインフレームは書類付き8000円で、割と安く手に入ったのでラッキーでした。

ナンバーや保険の登録は、WR250Xが完成してからにします。

これから10ヶ月間、サービスマニュアル片手にWR250Xとの長い戦いが始まりました。

この記事の続きのPart2はこちらへ⇩。

ヤマハバイク乗りは是非インストール!ヤマハパーツカタログアプリが無料で便利
勢いで始めてしまったWR250Xを組み立てるという計画、フレームを購入してしまった以上もう後戻りはできません。まずは組み立てていくにあたって作業場所の確保と説明書を用意して、作業環境をよくしていかないといいバイクに仕上がりませんし...

バイク記事を始めるにあたって僕のバイク歴を紹介

16歳〜18歳ホンダNS50Fでバイクを乗り始める

原付き免許を取得して初めて購入したバイクでコーナーの曲がり方の基本を教えてくれました。

20歳〜22歳ホンダ88NSR250Rで椿ラインをひたすら走る

解体屋で事故車の2台を組み合わせて、10万円で購入したバイクでビックリするくらい速かった記憶があります。

22歳〜24歳RZ250RにRZ350Rのエンジンを乗せて椿ラインを走る

激レアなエンジンRZ350Rのエンジンを偶然手に入れて、レーサーのTZ250の足廻りを入れていたのでこの車両で草レースに出場するつもりでした。

24歳〜ヤマハTZ125で筑波サーキットを走り始める

地元にあるショップの勧めもありついにレース参戦します。自分が一番速いと思って初参戦したレースは予選落ち、その後コテンパンに打ちのめされます。

25歳〜筑波選手権GP125に参戦開始

28歳〜国際ライセンスに昇格

29歳〜33歳全日本選手権GP125筑波大会やもてぎ大会にスポット参戦

ついに念願の国際ライセンスに昇格し、全日本選手権にも参戦しました。

32歳で怪我と資金繰り不能によりレース参戦終了

33歳〜TDR50にDT200WRのエンジンをスワッピングして走る

42歳〜オフロード走行に目覚めYZ80で相模川の河川敷で練習

このYZ80の記事はこちらへ⇩。

YZ80を蘇らせてオフロードコースを走らせたい!エブリィワゴンはトランポになるのか?
これは4年ほど前に僕がオフロード走行で夢中になって練習した、ヤマハのモトクロッサー「YZ80」の話です。僕がWR250Xに乗るきっかけとなったバイクがあるのですが、そのバイクはYZ80と言うモトクロスレース専用のバイクです。...

なかなか普通のバイクライフを送ってきたとはいえませんが、とにかく走ることは好きで走れない時もバイクがいつも僕を支えてくれました。

これからはWR250Xと共にゆったりノンビリした、ごくごく普通の(入手の仕方がすでに普通ではありませんが)バイクライフを送っていけたらと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました