スポンサーリンク

WR250X/Rのステップ交換方法 DRCワイドフットペグが安くて使いやすい!

バイクと車いじりの話

今日はWR250Xのサビサビになってしまった純正のステップを、DRC製のワイドフットペグに交換してみようと思います。

モタード車と言えばZETAのフットペグが有名で、アルミ製で軽くてとてもカッコいいです。

ZETAのフットペグはとても人気がありますが、いかんせん値段が高価。

なので、お手頃価格でカッコいいDRCのワイドフットペグを購入する事にしました。

僕のWR250Xの保管は屋根があるガレージではなく、外にバイクカバーを掛けて駐車してあるのですが、カバーを掛けていても雨が降ると多少は濡れてしまいます。

なので冬場など乗らない期間が長いと、どうしてもサビが出てきてしまいます。

純正のステップは鉄がむき出しなので、とてもサビやすいです。

陽だまり
陽だまり

せっかくカッコいいWR250Xがサビによって台無しに!

サビ取りをしてつや消しブラックに塗装してもいいのですが、ステップはすぐに塗装が剥がれてきてしまいそうなので、またすぐに塗装しなければならなくなりそう。

なので今回はステップを、社外品の物に交換する事にしました。

WR250Xはなるべくお金をかけず中華製の安いパーツを使用してカスタムしていますが、めずらしくそこそこ高価な日本製のパーツを購入してみました。

陽だまり
陽だまり

DRCのワイドフットペグがやすくてカッコいいのでお勧めです!

ステップを交換するメリット

ステップを社外の物に交換するメリットはいくつかあります。

ステップ交換のメリット
  • アルミ製やチタン製の物なら軽くて軽量化に貢献する
  • 鍛造なら強度が増す
  • 社外品は幅が広いので安定感が増す
  • 何より見た目がカッコいい!

社外品のどのステップに交換してもデメリットになる事は一つもないでしょう。

社外品のフットペグは幅がワイドになっている物がほとんどなので、どれを選んでも踏み心地は良くなるでしょう。

WR250Xの社外品ステップにはどんな物がある?

WR250Xのステップとして色々なメーカーからフットペグが販売されています。

今回はメジャーな商品2つを紹介したいと思います。

ZETAアルミニュウム製フットペグ

created by Rinker
ジータ(Zeta)
¥12,215(2023/12/02 08:57:43時点 Amazon調べ-詳細)

みんな大好きZETA製のフットペグ、材質がアルミなのでとても軽く純正よりもワイドで靴底のグリップ性も優れています。

見た目は派手なブルーアルマイトでとてもカッコいいです。

OUTEXワイドモタードフットペグ

created by Rinker
¥23,100(2023/12/02 08:57:43時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらも人気メーカーのOUTEX製のフットペグ。

とても高価ですがペグの傾き、高さ、長さの調節ができるとても優れたフットペグです。

見た目もゴツく派手でとてもカッコいいです。

お金があれば迷わずこちらを選びますが、なにせ高い!さすがにステップにここまでのお金は出せません。

でも性能と品質とカッコよさは抜群です。

DRCワイドフットペグ

created by Rinker
ディーアールシー(Drc)
¥7,237(2023/12/02 08:57:44時点 Amazon調べ-詳細)

とても安価な社外品のフットペグです。

クロモリ製なので純正よりも少し重量が増えますが耐久性に優れています。

高さが2種類のフットペグがあり身長によってHighとLowがから選ぶ事ができます。

※スライダー付きもありますが2023年6月現在amazonで販売されていませんでした

とてもお手頃価格なので僕はDRCワイドフットペグを購入しました。

WR250X用のDRCワイドフットペグを購入

WR250X用DRCフットペグ

今回は楽天市場で新品で購入しましたが、配送された時からパッケージに穴が開いていてボロボロの状態でした。

これを商品として売っているのはどうかな〜って思ったんですけど、中身が正常だったので今回はよしとしました。

このDRCワイドフットペグは足を乗せる場所が広くなっているのが一番の特徴で、WR250Xの純正フットペグに比べると数センチ程幅が広くなっているので足を乗せた時の安定性が増します。

後は裏側にスライダーが付いていて、バンクしすぎた時のステップ本体と地面の干渉を防いでくれます。

スライダーが赤くて見た目もゴージャスに見えるのが、とてもカッコいいです。

ZETAのフットペグはアルミのギラギラ感がカッコいいのですが、DRCフットペグの落ち着いたマッドブラックと赤のコントラストもカッコいいです。

純正と同じクロモリ製なので純正よりも大きい分少し重くなりますが、軽くで頑丈なチタン製やアルミ製はかなり高値なのでクロモリ製で我慢します。

さっそくノーマルステップを外して比べて見ました。

WR250Xの純正フットペグとDRCフットペグ

純正ペグのサビが酷いですね〜。

DRCワイドフットペグの方が純正のペグよりも、かなり横幅が広く作られています。

なぜ最初から幅広く造らなかったのか不思議なくらい、WR250X純正のペグは幅が狭くて踏み心地が悪いです。

WR250Xのフットペグの交換方法

早くワイドフットペグの効果を試したいのでサクサク交換していきます!

右側はフットペグを外すピンを抜く時にブレーキペダル後部にピンがぶつかってしまうので、まずブレーキペダルを外してしまいます。

下の画像の黄色い◯印の内六角のボルトを外し、ブレーキペダルの裏に付いている赤い◯印のブレーキランプスイッチのバネを外すとブレーキペダルが外れます。

WR250Xのブレーキペダルを外そうとする

ブレーキランプスイッチのスプリングはブレーキペダルに引っ掛けてあるだけなので、手で簡単に外す事ができます。

WR250Xのブレーキペダルが外れた

リアのブレーキペダルが外れたら、下の画像の◯印のペグを外すピンに挿してあるクリップをペンチで曲げて抜きます。

黄色い丸で囲われたペグのクリップ

クリップをペンチで一直線に曲げて穴から抜けるようにします。

ペンチでクリップを抜いている

ペンチでクリップが抜けたら、下の画像の◯印のピンを引き抜けばペグが外せます。

ペグのピンが抜けているところに黄色い丸印

クリップとピンの間にワッシャーが付いているので、無くさないように気を付けます。

WR250Xの車体から外された純正ペグ

ペグを外したらスプリングをDRCワイドフットペグに移植するので、純正ペグを外した時のスプリングの向きを覚えておきます。

新しいフットペグの装着は、外した時の逆の作業で組み付けていきます。

スプリングを装着したペグを車体にハメてピンを差し込みますが、少し苦戦しました。

スプリングとペグの穴の位置が合ってないとピンが入りづらいですが、スプリングのテンションと穴が合えばすんなりピンが入ります。

WR250Xの車体に取り付けられたDRCワイドフットペグ

ピンの抜け止めのクリップを差し込んで、元の様に曲げ直してピンをロックします。

ワッシャーの入れ忘れに注意します。

フットペグのピンをクリップでロックしている

ペグが装着できたら、ブレーキペダルを戻して右側は完成です。

DRCワイドフットペグ取り付け完了

左側のペグの交換は右側とまったく一緒で、ブレーキペダルがない分より簡単に終わります。

WR250XにDRCワイドフットペグを装着して走ってみた感想

DRCワイドフットペグが装着されたWR250X

見た目は最高にいいです!

黒と赤のデザインが車体にバッチリあいます。

とりあえずサビサビの状態じゃないだけで大満足。

そして肝心のライティング中のペグの踏み心地も凄くいい感じです。

コーナー中の踏ん張りもしっかりできるし、スタンディングした時の安定感も抜群に良くなりました。

陽だまり
陽だまり

純正のステップがいかに細くて踏み心地が悪いかがよく分かります

自分としては少し高価な買い物になりましたが、値段相応に良い商品なDRCワイドフットペグはとてもおすすめです。

次回からいよいよWR250Xの最大の弱点である「ツーリングでお尻が痛くなる問題」を解決していこうと思います⇩。

バイクに長時間乗るとお尻が痛い!WR250Xのシートカスタム
暖かくなってきていよいよツーリングの季節になってきましたね!WR250Xに乗り始めてはや4年、いよいよずっと悩んでたこの問題を解決してみようと思い立ちました。WR250Xに限らず、バイクに乗る人の多くが長時間のライディング...

コメント

タイトルとURLをコピーしました