WR250XのステップをDRCワイドフットペグに交換。

趣味のバイクの話

今日はWR250Xのサビサビになってしまった純正のステップをDRC製のワイドフットペグに交換してみようと思います。

モタード車と言えばZETAのフットペグがカッコいいしアルミ製で軽くて軽量化にも貢献します。

ZETAのフットペグはとても人気がありますが、いかんせん値段が高価。

なのでお手頃価格でカッコいいDRCのワイドフットペグを選びました。

基本的にWR250Xの保管はガレージではなく外にバイクカバーを掛けて駐車してあるのですが、雨が降ると多少は濡れてしまいます。

なので冬場など乗らない期間に長期保管をするとどうしても錆が出てきてしまいます。

一番錆びる部品はステップで鉄がむき出しなのでとても錆びやすいです。

錆取りをしてつや消しブラックに塗装してもいいのですがステップはすぐに塗装が剥がれてきてしまいそうなので、またすぐに塗装しなければならなくなりそう。

なので今回はステップを社外の物に交換する事にしました。

僕のWR250Xはなるべくお金をかけず中華製の安いパーツを使ってカスタムしようと思っているんですけど、楽天ポイントの消化もかねて珍しくそこそこ高価なパーツを購入してみました。

スポンサーリンク

DRCワイドフットペグとはどんなパーツ?

WR250X用DRCフットペグ

今回は楽天市場で新品で購入したんですけど配送された時からパッケージに穴が開いていてボロボロの状態でした。

これを商品として売っているのはどうかな〜って思ったんですけど中身が正常だったので今回はよしとしました。

このDRCワイドフットペグは足を乗せる所が広くなっている所が一番の特徴で、ノーマルのフットペグに比べると数センチ程幅が広くなっていて足を乗せた時の安定性が増します。

後は裏側にスライダーが付いていてバンクしすぎた時のステップ本体と地面の干渉を防いでくれます。

スライダーが赤くて見た目もゴージャスに見えるのがカッコいいですね!

ZETAのフットペグのアルミのギラギラ感もカッコいいのですが、DRCフットペグの落ち着いたマッドブラックと赤のコントラストもカッコいいです。

純正と同じクロモリ製なので純正よりも大きい分少し重くなり、本当は軽量で頑丈なチタン製かアルミ製にしたいところですが、チタン製やアルミ製はかなり高値なのでクロモリ製で我慢します。

さっそくノーマルステップを外して比べて見ました。

WR250Xの純正フットペグとDRCフットペグ

純正ペグの錆びが酷いですね〜。

DRCワイドフットペグの方が純正のペグよりもかなり横幅が広く作られています。

なぜ最初から幅広く造らなかったのか不思議なくらいノーマルステップは幅が狭くてふみ心地が悪いです。

WR250Xのフットペグの交換

早くワイドフットペグの効果を試したいのでサクサク交換していきます!

右側はフットペグを外すピンを抜くときにブレーキペダル後部にぶつかってしまうので、まずブレーキペダルを外してしまいます。

WR250Xのブレーキペダルを外そうとする

上の画像の黄色い◯印の内六角のボルトを外し、ブレーキペダルの裏に付いている赤い◯印のブレーキランプスイッチのバネを外すとブレーキペダルが外れます。

ブレーキランプスイッチのスプリングは引っ掛けてあるだけなので、手で外す事が出来ます。

WR250Xのブレーキペダルが外れた

リアのブレーキペダルが外れたら、下の写真の◯印のペグを外すピンに挿してあるクリップをペンチで曲げて抜きます。

黄色い丸で囲われたペグのクリップ

クリップをペンチで一直線に曲げて穴から抜けるようにします。

ペンチでクリップを抜いている

ペンチでクリップが抜けたら下の画像の◯印のピンを引き抜けばペグが外せます。

ペグのピンが抜けているところに黄色い丸印

クリップとピンの間にワッシャーが付いているので無くさないように気を付けましょう。

WR250Xの車体から外された純正ペグ

ペグを外しましたらスプリングをDRCワイドフットペグに移植しまするので、ノーマルペグを外したときのスプリングの向きを覚えておくようにします。。

新しいフットペグの装着は外した時の逆の作業で組み付けていきます。

スプリングを装着したペグを車体にハメてピンを差し込みますが少し苦戦しました。

スプリングとペグの穴の位置が合ってないとピンが入り辛いようで、スプリングのテンションと穴が合えばすんなりピンが入ります。

WR250Xの車体に取り付けられたDRCワイドフットペグ

クリップも差し込んで曲げ直してピンをロックします。

ワッシャーの入れ忘れに注意しましょう。

フットペグのピンをクリップでロックしている

後はブレーキペダルを戻せば右側は完成です。

DRCワイドフットペグ取り付け完了

左側のペグの交換はブレーキペダルがなくてペグ自体の交換のし方は右側と同じなので簡単に終わります。

DRCワイドフットペグが装着されたWR250X

見た目は最高にいいです!

黒と赤のデザインが車体にバッチリあいます。

とりあえずサビサビの状態じゃないだけで大満足。

肝心の乗り心地ですが、これもいいです!

コーナー中の踏ん張りもしっかり出来るし、スタンディングした時の安定感も抜群に良くなりました。

自分としては高価な買い物になりましたが、値段相応に良い商品なDRCワイドフットペグ、とてもおすすめです!

次回からいよいよWR250Xの最大のネックになる「お尻が痛くなる問題」を解決していこうと思います⇩。

WR250Xのお尻痛い問題を解決する4つの方法
暖かくなってきていよいよツーリングの季節になってきましたね!WR250Xに乗り始めてはや4年、いよいよずっと悩んでたこの問題を解決してみようと思います。WR250Xは長時間乗るとお尻が痛くなる!そう、WR250X乗...

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました