スポンサーリンク

DAISOの500円4000mAhモバイルバッテリーはスマホ何回充電できる?

商品

100均のDAISOの電気製品売り場には、さまざまな商品が販売されるようになりました。

コンセント関係や電球、スマホの充電器やコードなどの商品も充実してきました。

DAISOの便利な商品のレビューはこちらへ⇩。

【良品】DAISOの無線ワイヤレスマウスは300円でも普通に使えます
僕のメインで使っているノートパソコンは2017年に発売されたDellのinspiron11で、マウスパッドで操作しています。このInspiron11のマウスパッドが自分にはかなり使い辛く、勝手にドラッグアンドドロップしてし...
【100均商品】1100円のDAISOのBluetooth完全ワイヤレスイヤホンはコスパ最強!
先日、いつもスマホで音楽を聴くときに使っている、有線のイヤホンがまた壊れました。いつもDAISOで300円で購入しているんですけど、まぁ壊れやすいです。1年間で4個目かな、、、。音質も悪くないしリモコンも付いていて...

それらの中でも「え!こんな商品も売ってるの?」って感じでしまう商品の1つがモバイルバッテリーです。

今回はダイソーの500円の4000mAhのモバイルバッテリーを購入して試しに使ってみて、自分の使っているスマホを何回充電できるのかを試してみました。

少し前まではダイソーでは500円で3000mAhのモバイルバッテリーが売っていたのですが、この4000mAhの物は初めて見ました。

ネットの情報を見ても3000mAhのモバイルバッテリーが多かったので、4000mAhのモバイルバッテリーは発売されたばかりでしょうか。

さっそく購入してみました。

DAISOのモバイルバッテリーのパッケージ

出力は1AなのでタブレットやノートPCの充電には向いてないようで、スマホの充電に最適かと思います。

1Aなのでもちろん急速充電には対応されていませんが、本体のバッテリーにダメージが少ないので安心です。

mAhとはミリアンペアアワーの略で、この数値が大きければより多くの電力を充電できます。

スマホの本体に搭載されているバッテリーは3000mAhくらいの物が多く、ダイソーの500円モバイルバッテリーだと4000mAhなのでスマホ1回以上充電できるという事になります。

モバイルバッテリーには2000mAh~20000mAhの商品が販売されており、価格は安いもので1000円~3000円程度が主流になります。

さて、このDAISOの4000mAhのモバイルバッテリーは本当にスマホを満たんに充電出来るでしょうか。

DAISOモバイルバッテリーのパッケージの裏

購入後さっそくパッケージを開封してみました。

本体以外の付属品は、モバイルバッテリーへの充電用の10㎝のmicro-Bのケーブルのみでした。

バッテリー残り残量のl.EDランプも光っていて意外と安っぽさがなく、ずっしりとした重さがあります。

大きさは僕のメインで使っている5インチ画面のスマホzen fone3よりも一回り程小さいので、重ねて充電しながら持ち歩いても邪魔にはならないです。

もちろんMade in CHINAなので外観のプラスチックの素材が安っぽく感じます。

スポンサーリンク

zen fone3を何回充電できるかを検証

僕の使っているスマホはAndroidのZenFone3で2年間程メインで使っているのですが、まだまだバッテリーの持ちもよく著しいバッテリーの劣化はみられません。

ZenFone3のバッテリー容量は2650mAhと今どきでは少なめなので、4000mAhモバイルバッテリーなら1回は余裕でフル充電出来るはずです。

実際にDAISOモバイルバッテリーをフルに充電して、バッテリーの少なくなったzen fone3を充電してみます。

まずはZenFone3のバッテリーを残り15%まで減らして、モバイルバッテリーの方はフルに充電にします。

4つのLEDランプでモバイルバッテリーの残り容量が分かるのが嬉しいところです。

青のLEDランプ4つで100%です。

インジケーターランプが光っているDAISOモバイルバッテリー

普段使っているTypeCの充電ケーブルで充電を開始します。

DAISOのモバイルバッテリーで充電しているスマホ

zen fone3に1時間30分程で100%まで充電完了することが出来ました。

モバイルバッテリーの方の残量ランプはまだ3つついています。

充電が少し減ったDAISOのモバイルバッテリー

もう一回いけるでしょうか?

再びzen fone3の充電を15%まで減らして、もう一度モバイルバッテリーで充電してみます。

2回目はZenFone3の充電が100%まで充電出来たところで、モバイルバッテリーの充電が空になりました。

スマホのバッテリー残り残量が15%から充電し始め、約2回の充電が出来るという結果になりました。

充電性能としては、スマホのバッテリー切れなどの緊急時などには十分に役立ちそうです。

500円という価格の割には、思ったよりも素晴らしい結果でした。

DAISOの4000mAhモバイルバッテリーは普段使いには十分

検証の結果ダイソーのモバイルバッテリーの充電満たん状態から、zen fone3の充電を約2回100%にすることが可能でした。

今回使用したスマホのzenfone3はバッテリー容量が2650mAhと少し少なめなのでDAISOの4000mAhのモバイルバッテリーで2回満充電に出来たのだと思います。

4000mAh〜5000mAhバッテリー容量があるスマホだとおそらくギリギリ1回満充電出来るかどうかだと思いました。

一日中ゲームや仕事などでスマホをかなり使う人であればこのDAISOの500円のモバイルバッテリーでは足りないかもしれませんが、一日の終わりに少し充電が足りない人であれば十分な性能を発揮してくれるでしょう。

僕の使い方だと500円で凄く便利に使えています。

モバイルバッテリー自体の寿命も気になるところですが、500円と安価なので半年程使えれば十分かと思っています。

このDAISOの4000mAhモバイルバッテリーは、使い方と使用しているスマホ次第ではコスパのよい商品だと言うことが分かりました。

※のちにDAISOで10000mAhのモバイルバッテリーが1000円で販売されています。

100均のDAISOはどんどん良い商品を出してきますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました