簡単!WR250Xのバッテリー交換〜激安バッテリーってどうなの?

趣味のバイクの話

こんにちは!陽だまりです。

もうずいぶん暖かくなって来ましたね!

そうツーリングの季節。

冬の間、まったくWRに乗らなかったのでツーリングに行きたくなってきました。

久しぶりにWRのカバーを外してみたところ、ディスク板が錆びていて悲しい事になってました。

バッテリーも終わってそう、、、。

恐る恐るセルを回してみたところ「カチッ!」。

バッテリー死んでました(T_T)。

充電してみたもののセルを数回まわすとすぐにダメになってしまいます。

なのでとりあえずバッテリーを交換します。

スポンサーリンク

WR250Xのバッテリーの外し方

WR250Xのバッテリーはサイドカバーの横にあるので、シートを外します。

シートは下の写真の指をさしている所の10mmのボルト2箇所を外します。

指で示したWR250Xのシートを外すボルト

ボルトを外したらシートを後ろに引くと外れます。

シートはタンクの突起に噛んでるだけなので簡単にはずれます。

シートが外されたWR250X

次にサイドカバーはプラスのネジ1本を外してサイドカバーの左端を手前に引っ張るとゴムのパーツから外れるので、今度はサイドカバーを左斜め下へ引っ張ると、シートカウルから外せます。

WR250Xのサイドカバーを外すネジをプラスドライバーで外している所

サイドカバーを外すとバッテリーが出て来ます。

サイドカバーが外されバッテリーが見える状態のWR250X

プラスとマイナスの端子を外します。

バッテリーは必ずマイナス端子から外して、次にプラス端子を外します。

付ける時はその逆です。

ターミナルがサビサビで恥ずかしいです(汗)。

プラスドライバーでマイナス端子を外しているWR250Xのバッテリー
プラスドライバーでプラス端子を外しているWR250Xのバッテリー

バッテリー端子を外しましたら、バッテリー本体はゴムのバンドで止めてあるだけなので、バッテリーの下のゴムバンドが引っ掛けてあるのを外してゴムバンドを取ります。

WR250Xのバッテリーを固定しているゴムバンド
バッテリーを固定しているゴムバンドを外したところ

バッテリー本体を引き抜くと完全に外れます。

手で外されようとしているWR250Xのバッテリー
バッテリーが外されたWR250X

こちらは今までガンバってくれたバッテリー。

古くてダメになったWR250Xのバッテリー

中華製にしては割と高級なAZバッテリー。

ヤフオク!で購入したので使用年数は不明です。

新しいバッテリーは、話題のリチュウムイオンバッテリーにしてみようかとも思ったのですが、まだまだ高価なので今回は見送り。

純正も高いので泣く泣く諦めました。

バッテリーだけは安心して使用出来る物が欲しかったのですが、、、。

SUPER NATTOバッテリーとは

今回購入したのがSUPER NATTOと言うメーカーの中華バッテリー。

格安品です。

Amazonで購入した新しいバッテリー

安い物大好きな僕としては純正のバッテリーの半額以下の中華製バッテリー、送料込みで3000円ちょい。

激安中華バッテリーは寿命が短いだの粗悪品が多いだの悪い噂がチラホラ。

その噂を自分で検証してみようと言うチャレンジ精神と、バッテリーにあんまりお金を出したくないと言う節約(ケチ)精神が中華製をポチらせます(笑)。

まぁバッテリー寿命は2〜3年くらいは使ってみないと分からないのですぐに検証は出来ませんが、しばらく使ってみたいと思います。

バッテリーを組み付ける

購入したバッテリーを組み付けていきます。

先ずはバッテリーをスポッと入れます。

新しいバッテリーが装着されたWR250X

ゴムのバンドを引っ張って下の金具に引っ掛けます。

プラスとマイナスの端子を付けます。

プラス端子とマイナス端子と固定用のバンドが装着されたWR250Xのバッテリー

付ける時はプラス端子から付けていきます。

そしてサイドカバーとシートを外したのと逆に付けていきます。

そしてセルボタンを押してみると「キュッ!」でエンジンがかかりました。

元気イッパイのバッテリーです。

こんなにセルが力強く回ったのは初めてです!

最初から弱ってたんでしょうね、AZバッテリーの方は。

この激安中華バッテリーの寿命がどのくらいなのかはこれから判明するでしょう。

バッテリーも新しくなったし山にでも走りに行きますか!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました