餌用 ヨーロッパイエコオロギの飼育 〜我が家での管理方法〜

飼育

こんにちは、花うたです♫

今回は、餌用のヨーロッパイエコオロギ(イエコ)の飼育について、書いていきたいと思います。

※2022年に、追記にてより飼いやすくした事について記しましたので、是非そちらも見て頂けたらありがたいです。

スポンサーリンク

餌用イエコへの考え方

飼育前の基本の『き』

まず、ここで忘れてはいけないのが『ヨーロッパイエコオロギは外来種』であるということです。

温度さえ低くなければ、結構生命力は強い方なので、逃がさないで下さい!

餌とは栄養です

餌なので、敢えて情はもたないようにしていますが、このイエコがいないと必死に虫とりに明け暮れる日々となりますので、栄養価は損なわず、できるだけ手間や負担の少ない飼育を目指していきたいところです。

そして、餌とはいえ、その後はカナヘビやイエアメガエルの養分として取り入れていくわけですから、イエコの栄養バランスもある程度は良くなければいけません。

カナヘビとイエアメガエルの為に、そして自分の懐にも優しく、飼育していこうと心掛けています。

目指すのは通年飼育

とはいえ、さすがネットショップさん。イエコを繁殖させたくて、一匹ずつ観察したのですが、雌雄が分かるまで成長するまでに、全て食べ尽くしてしまうペースです! 
そりゃそうですよねぇ〜。
家で簡単に繁殖してしまったら、ショップのリピーターさんがいなくなってしまいますものね。。暫く落ち着くまでは、引き続き購入させて頂きます!

とはいえ、今後の餌代もばかになりません。機会をみて…繁殖も必要です。。

我が家の場合は、小さなSサイズは赤ちゃんカナヘビ・Mサイズまではカナヘビ・Lサイズになったらイエアメガエルか繁殖かになります。

飼育環境

飼育ケース

ダイソーで500円商品となっているサイズのケースを使っています。

横30cm✕奥行き20cm✕高さ18cm位です。

この程度の高さなら、SS〜Sサイズなら飛び出る事はないです。
だんだん成長してくると、ジャンプ力も増してきます。
Mサイズ位までなら、勝手に脱走はした事はありませんが、目を離す時は念の為蓋をしています。

床材

正直いりません。でも丁寧に育てるのであれば、あっても構いません。

使うのであれば、コオロギマットや鈴虫マットを使います。熱処理をしたりして何度も使いまわせます。

日本に生息しているコオロギとは違い、床材や飼育環境は乾燥している事が大事です。
霧吹きは必要ありません。(その代わりに、餌とは別に水飲み場が必要です。)

餌と餌やり〜ひと工夫〜

餌は、①野菜のクズ(料理の際に出たもので構いません)②『コオロギの餌』または『金魚の餌』③綿に含ませた水、を常に用意しています。

①野菜のクズは、人参の皮を剥いたり先の所を落としたら、それを。キャベツの硬そうな外側の葉など。小松菜の一切れ…。
料理の時に出た、廃棄に近いけれど食べられるところを、気付いた時にタッパーに入れておき、そこから与えています。→こちら改善しました。追記にてご確認下さい。

②『コオロギの餌』は、ネットでコオロギを購入するとついてくるので、ありがたいです。
以前は『金魚の餌』を与えていました。栄養バランスも食べもいいので、『金魚の餌』は万能ですよ!

③『水』については、餌と同じ感覚で。
くれぐれも水は欠かさないで下さい。
でも小さめな個体だと溺れてしまう事もあるので、コットン(化粧などで使う綿)やティッシュを適度に湿らす程度にしましょう。

それぞれの入れ物は、洗って何度も使えるように、百均でお弁当用のシリコンカップ(3個で100円)を買いました。コオロギが出入りしやすいように、下の画像の様にカットしておきます

ヨーロッパイエコオロギの餌やりでシリコンカップを使用
カットしたシリコンカップ

隠れる場所〜かつ捕獲するアイテム〜

トイレットペーパーの芯を使っています。

そして、捕まえてダスティングする為、袋に入れる際には、芯に掴まっているコオロギをそのまま袋にいれて振り落とすと、作業が早いです!

紙製の卵ケースをカットして使っても良いですが、私としてはトイレットペーパーの芯の方が見えやすいので、管理がしやすいです。
脱皮の脱殻や死んでしまった場合などに取り除きやすいです。

他の虫を防ぐのと、匂いへの対応として、入れています。

炭にへばりついていたり、炭の下に隠れる場合も多いので、イエコも居心地が良いのかもしれませんね。

カナヘビとイエアメガエルの餌用、ヨーロッパイエコオロギの飼育環境
新しいイエコを迎える状態

通販サイトで購入したイエコをケースに放つと…

そして先程、通販サイトからのイエコが届きました!

早速入れてみました。
紙袋の中に餌と共に来ましたが、暑さの中で長旅をしてきた為でしょうね。
いつもの事なのですが、水と野菜にわっさりと飛びついていきます!!

用意したケースにネット通販で購入したヨーロッパイエコオロギを入れた様子
届いたばかりのイエコをケースに入れました

いつもこんなに餌や水にワサワサいる訳ではありません。
水分補給をひとしきりしたら、大体はトイレットペーパーの芯や炭に隠れていきます。

毎日チェックすべき事

一応毎日する事は、野菜の交換、餌の補充、コットンが乾いてないかの確認です。

シリコンカップ内でも糞をしますので、定期的に洗います。
3つのシリコンカップを洗った水滴をコットンで拭いて、そのまま水分としてつかっています。

餌とはいえ、大事ですし、与えるなら栄養家の高い状態が望ましいですよね。

とはいえ、わざわざ野菜を用意したりするよりは、日々の料理の時に廃棄していた様なレベルのものをタッパーに入れてくと、気分もよく罪悪感もなく過ごせますよ♪

我が家の育て方が参考になると嬉しいです!

改善した点とこれから…

飼育を続け変更改善した点

まずは、長期にわたり飼育していく際に変更した事をお伝えします。

まずは、床材を使うのは完全にやめました。管理に手間がかかるのと、冬場はヒーターが必要になるので、光熱費がなるべく掛からないようにと考えました。

家の廃棄野菜について、夏場は特に腐りやすくなり管理が大変になります。また、スーパーの野菜だと農薬が使われている可能性も考慮し、ウサギ用のペレットを使うようになりました。

『金魚の餌』と『乾燥野菜』で管理も手間もラクになりました。

ヨーロッパイエコオロギの餌用に“金魚の餌”を動物性タンパク質として“ウサギ用の餌”を野菜として用意してある
イエコの餌はこうして毎日簡単に

繁殖にも繋げていけたら…

秋になり…カナヘビの食欲がかなり落ちました。

そこで、ここからスタートさせるべきだ!と、イエコの繁殖をしてみましたので、⇩こちら⇩の記事も是非ご覧下さいね。

イエコ 産まれました! 〜ヨーロッパイエコオロギの繁殖成功〜
冬になり、カナヘビさん達は食欲が少し少なめ。そんな中でもイエコは必須で…。200匹ずつネット購入しておりましたが、イエコは変わらず成長していくばかり…。そして、イエコ鳴き出しました。ここで終わってしまってはいけない...

コメント

タイトルとURLをコピーしました