バイクのメンテナンススタンドやジャッキの代用に鋼製束を使ってみました

趣味のバイクの話

最近、完成したWR250Xのメンテナンスを休日の度にしているのですが、チェーンやホイール磨きなどのメンテナンスは車体を持ち上げてリヤホイールを浮かせないと簡単には出来ません。

そうです、バイクのメンテナンスやパーツ交換の時に欠かせないのが、センタースタンドメンテナンススタンドです。

特にタイヤやチェーン周りのメンテナンスをする時にはタイヤを浮かせるとタイヤを回せるのでかなりやりやすくなります。

タイヤ交換するときなどは絶対に必要な物です。

スクーターですとセンタースタンドがあるのでメンテナンススタンドはいりませんが、スクーターではなくてもセンタースタンド付きのバイクはたまに見かけます。

しかしこのメンテナンススタンドやバイクジャッキ割と高価ですし、大きい物なのでかなり置き場所などに困ります。

Amazonで検索したところ安くても3000円以上するし、自分のバイクに合う物を探すのも大変です。

そこでタイヤを浮かせるだけの道具ならとネットで調べてみたところ、凄くいい物がありました!

スポンサーリンク

鋼製束(こうせいづか)を2本使ってバイクの車体を持ち上げる

手に持っている鋼製束

漢字の読み方が難しいですが「鋼製束(こうせいづか)」と呼ばれる物。

鋼製束とは、建物の床を支えるための束の事です。

鋼製で作られていて床の荷重を地盤に伝える役目をした建築資材です。

本来バイクで使われる物ではなくホームセンターで売っている建築用の資材なのでかなり丈夫に作られています。

Amazonでも色々な種類の鋼製束が販売されていました。

ホームセンターで探してみたところ、長さも形も様々な物が販売されていました。

長さにもよりますが、WR250Xを持ち上げるのに丁度良さそうな鋼製束は一つ400円程で、これを2つ使ってWR250Xを持ち上げて見ようと思います。

仕組みは単純で、真ん中のバーを回すと上に上がる様な仕組みになっています。

地面に置かれた2つの鋼製束

実際に鋼製束でWR250Xを持ち上げてみました

鋼製束を車体の上げたい所、スイングアームやフレームの下に入れて鋼製束の真ん中のバーをスパナ等で回していきます。

ここで気をつけたいのは必ず平坦な所で作業する事です。

少しでも坂道だったり、デコボコな所があると割と不安定なのでバイクが倒れます!

鋼製束が斜めになっていると、バイクが持ち上がった時にかなりバイクが不安定になってしまうので鋼製束を極力地面と垂直に立てます

また、鋼製束を上に上げるときになるべく二本とも同じ長さに伸ばすと車体が安定するようになります。

車体を少し揺らしてみて、ある程度安定してればOKです。

やはり鋼製束自体が細いので少し安定感に欠けます。

写真は自分の組み立てたWR250X。

WR250Xのフレームに鋼製束を入れて持ち上げてみます。

鋼製束によって持ち上げられたWR250X

そして左右均等にリヤタイヤが浮くまで鋼製束の真ん中のバーを回して上に伸ばしていきます。

僕はちょうどいいスパナがあったのでそれで回して見ました。

スパナで回されている鋼製束

鋼製束を回すのは割と軽く、簡単にリアタイヤを浮かす事が出来ました。

鋼製束で持ち上げられてタイヤが浮いたWR250X

ホイールやチェーンのメンテナンスならスイングアームから持ち上げた方が安定性はあると思いますが、今回はリアショックでの車高調整が目的だったのでフレームに鋼製束を入れてみました。

前回のWR250Xのリアショックでの車高調整の記事はこちらへ⇩

WR250X 身長165㎝の自分がタダで足つきをよくするローダウン方法
前回のツーリングで自分で組み立てたWR250Xにかなり慣れてきました。乗れば乗るほど楽しくて、遠くへ行きたくなるようなバイクなのですが信号待ちや、乗り降りの時に少しだけ不満が出始めました。車高の高いWR250Xの宿...

フレームに鋼製束をかけて車体を持ち上げると、リンク回りのメンテナンスやタイヤ交換まで可能だと思います。

ただ、ちゃんとしたメンテナンススタンドよりは安定感がないのであまり車体が揺れる行為は厳禁です。

車体が倒れてしまったら大変です。

車体を鋼製束で地面から浮かせたら、車体の下に何か台をいれておくと安心かもしれないです。

下の写真はスイングアームから持ち上げた所です。

鋼製束でスイングアームから持ち上げられたWR250X

スイングアームから持ち上げた方が明らかに安定感があるので、スイングアームやリンク回りのメンテナンスでなければ、スイングアームから上げるのがお勧めです。

この後、なるべくフレームの前方に鋼製束を入れてフロントタイヤを持ち上げてみました。

フロントタイヤも同じ様に持ち上げることが出来ましたが、リアタイヤを持ち上げるよりもかなり車体が不安定になりますので、フロントのメンテナンスにはあまり使えないと思います。

僕は主にリアホイールの清掃やチェーンのメンテナンスに使っています!

メンテナンススタンドの様に瞬時にリアタイヤを持ち上げることは出来ませんが、慣れてしまえば3分程でリアタイヤを持ち上げることが出来ます。

800円程度しかかからないですし、場所をとるメンテナンススタンドと違って小さいので置き場所にも困る事はないところが良いです。

リアタイヤを持ち上げる為に、この「鋼製束」使ってメンテナンススタンドの代用するのは凄くお勧めな方法です!

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました