カナヘビさんといっしょ! 〜結局辿り着いた、我が家の飼育方法〜

飼育

こんにちは、花うたです♫

カナヘビを飼育することになり、床材をどうすれば良いか!?
登り木はいるのか?隠れ家はいるの?
餌はなにをどうすれば良いの?…と、色々と試してみました。

今回は、色々と調べて試して行きついた、我が家流のカナヘビ飼育の状態を書いていこうと思っています。
前回、「カナヘビは一匹ずつ好みや性格がかなり違う!」と書いたのですが、この我が家で家族とカナヘビが行きついた飼育環境も、うちに来てくれたカナヘビ達だからこそ成り立つのかもしれないので、必ずしも他のカナヘビにとって住み心地の良い状態とは限りません!
それを念頭に置いて読んでくださると嬉しいです☆

そして、今回は、成体の方の飼育環境をお伝えします。
孵化した赤ちゃん達には、また少し違った環境にしているので、こちらでチェックしてみて下さい!

まだ手探りの飼育レイアウト、飼育ケース内にいる雄と雌のカナヘビ
以前は、こんな狭々な時期もありました(クワガタ用のクヌギマットです)

スポンサーリンク

ケージ

結構勢いよくジャンプする事もあるので、高さのある物を。 我が家では、2匹ですが、幅45cm✕奥行き25cm✕高さ35cmのケージを買いました。

床材

「カナヘビがいた場所に限りなく近い方がストレスが少ない…」というのは理論的には分かりますが、管理の面で難しかったり、衛生面を維持するのに、辿り着いたのは、赤玉土でした。
そもそも、2匹がそれぞれいた場所が違って、1匹は緑道の木や雑草が定期的に刈られた時の倒れて朽ちていく途中のところ。もう1匹は、草が生い茂る民家の庭。

とにかく、餌と間違えて食べてしまった時の事を一番に考えて、人工の物はやめておきました。
最初は、腐葉土、次にクワガタ用の床材(クヌギマット)。その次は、鈴虫用の床材。ヤシ材も考えましたが、カナヘビが傷つきそうだったのでやめておきました。
色々と試しましたが、霧吹きをすると、カナヘビ達の体に床材がまとわりつくので、やめました。

赤玉土だと、霧吹きをしても適度に水分を吸ってくれて、保湿にもなるし、ウンチの水分も吸ってくれるので掃除がラクです!
それに、安価!
我が家は今後も赤玉土でいこうと思っています。かなり浅めに敷いています。餌のコオロギ等が潜ってそのままにならぬよう、少し底が見えてしまうかも…という程度にしています。

登れる所・隠れる場所・卵を産める場所…

うちにある伸び放題のアイビーの出番がやってきた!と言う感じで、ひとつの鉢にはアイビーをグサッと刺しています。
枯れたりバランスが悪くなってきたら、新しいアイビーと取り替えています。
この鉢には水苔を敷いていたのですが、コバエがわいてしまったのと、ウンチをするとベチャベチャなままになってしまったので、やめました。
今は、水栽培用のハイドロコーンを入れています。

もう一つは、ガジュマルです。
小さめな株で、登ってからジャンプしても出てしまわない高さです。カナヘビが乗っても葉が折れません。
土に植えてありますが、一番上だけ赤玉土を敷いて、そこでウンチをしてしまっても取り除き易いように、ウンチ対策をしています。

我が家の2匹には、人から隠れる場所は…いらないようです。
2匹同士が距離を置きたい場合という感じで、レイアウトしています。

以前、水苔や腐葉土使っていた時には、必ずそこで産卵していました。湿度が高めの所で産む傾向にあるようです。
でも、水苔を辞めてからは、ハイドロコーンの所で産んでいます。アイビーで隠れられる場所だからでしょうか…。どちらにせよ、スクスクと卵も成長しています!

水飲み場

百均で買ってきました。これは…ただの私のお気に入りで決めたものです♪
とても浅いものです。 暫く、飾りでしかありませんでした。

メスは最初、顔に直接霧吹きをしてあげないと飲めなかったのですが、オスがアイビーやガジュマルについた水を飲む姿を観察して、だんだんと葉についた水を飲めるようになりました。
そして、オスが水飲み場から水を飲むようになり、続いてメスも飲んでくれるようになりました!
他の個体を見て学習しているなぁ〜と感心しちゃいました。

これも…気休めかもしれませんが、消臭効果と虫除け。見た目って感じかもしれません。ただ、よく上に乗っているので、良しとします♪

霧吹き

喉が乾いた時に喋れる訳でもないので、定期的に霧吹きをしています。
脱皮の際にもスムーズにできるように、時にはカナヘビにかかる位にしてしまう事もあります。

ピンセット

百均の金属のピンセットです。
慣れればピンセットから食べてくれる個体もいるので、餌やりの為ウンチを取る為に使っています。
メスは最初からピンセットから食べてくれました。
オスはなかなかピンセットからも食べず、餌を入れて放置しても食べず…。このままでは飼育は無理かと思いながら、3日間様子を見て、子供達と「4日目でも食べなかったら仕方ないから放そうね」と話していたのですが、なんと4日目にピンセットから食べてくれました!

カナヘビにもよりますが、小さな個体なら尚更、ピンセットからではなくてもケージ内に餌を放っても(あらゆる物でカナヘビの口に入りやすいサイズで試しても)全く食べない様なら、絶対に元いた野生に返しましょう。せっかく「飼育できるかも!」と期待した気持ちが切り裂かれてしまう寂しいさもあるでしょうが、そのまま餓死させてしまうより、元いた場所へ帰して元気に生きていく事を優先して下さい。

小さめなハサミ

どうしても口に入らないサイズの餌の場合や羽だけ切ったりする時に使います。
基本的に、自分の口に入るサイズでないと食い付いてこないのですが、時々どうしても無理でも諦めきれない姿もあります。
そんな時には、少しカットしてあげます。
カットした後に食べてくれない場合もありますので、さり気なく切ってあげるといいとも思います。

食べるもの

我が家では、基本的にバスキングをして体の代謝が良くなった後に、時間を決めて餌やりをしています。

餌は、基本的にカナヘビが暮らしていた所にいる虫です!
虫とりには、後で使い勝手が良いように、透明の厚手ポリ袋を使っています。

簡単にとれるヨコバイやアオバハゴロモは、多めにとって葉っぱと共に入れておきます。
クモ、春なら小さめなカマキリ、バッタ類。そして、シジミチョウを食べてくれる場合もあります。 毛虫は避けますが、イモムシ類もあげてみて食べる様なら与えています。

ただし、個体によって好みが違ったり、動きが大きかったり暴れている虫を怖がる場合もあります。 活き餌でないと食べない場合と、死んでしまってもそんなに時間が経っていなくて好物なら食べてくれる場合と、色々なパターンがあります。

そして、好みがあるとはいえ、同じ虫ばかりあげていると、それしか食べなくなったり栄養バランスが悪くなってしまうので、可能な限り色々な物を与えてみるべきだと思います。

とはいえ、毎日虫とりをしている様な時間や余裕はないですよね。
私は、家の裏か目の前の藪なので、庭の様な感覚なので、今のところ頑張って虫とりをしていますが…。さすがに正直キツイです。
そんな時の為に、ヨーロッパイエコオロギ(イエコ)をネットで買っています。
つまり、イエコも飼育している事になりますが、虫とりをしなくてはならないプレッシャーからは解き放たれますよ!
ただ…イエコも育ち、サイズアップします。買うならSサイズにしておきます。

イエコの飼育方法については、こちらをご覧下さい、

無理な場合もありますが、基本的にダスティングしてから与えています。

ダスティングパウダー

ダスティングとは、餌となるものにカルシウムやビタミン等のパウダーをまぶす事です。埃をつける様なので、ダスティングという名前になっています。

人間と同じく、カナヘビにも日光浴が必須です。紫外線不足のくる病は避けたいです。バスキングとカルシウム材が不可欠な様です。
我が家では、鶏卵の殻(残り物ですね♪)でカルシウムパウダーを作っています。少し手間ですが、案外簡単なので、まとめて作っておきます。買うよりも、タダなので罪悪感なくたっぷり使えます(使い過ぎにも注意ですけどね)。

カルシウムパウダーのレシピはこちらです!

バスキングライト

太陽のライト!という事で、我が家ではこちらを購入し、実際にもポカポカと温まるので、かなり距離を離して使用しています。

カナヘビ用に太陽光の代わりとして使うアサヒ“サンライト”
旭光電気工業株式会社のライト
アサヒ“サンライト”を使用する位置
ケージの真上に棚を作ったので、そこに設置しています

角度が色とかえられるので、使い勝手は良いです。
ポカポカ温まって、本当にお日様のようです。
距離であっても、ケージ内を照らしていると、いつの間にか予想以上に温まっている場合があります。ヒーターの要素も含めて買ったので、冬場に使う場合はヒーターの温度設定だけでなく、実際の温度も気を付けていかなくては…と考えています。

ヒーター

ケージの半分のサイズです。温まる場所と暑くなりすぎた時に涼める場所を考えて、ハーフサイズに。
とはいえ、まだ使ったことがないので、これから手探りで使っていきます。

カナヘビ用のヒーター
SANKOのヒーター

バスキングができる場所

できれば、バスキングライトではなく、本当の日光浴をさせてあげたいですよね。
バスキングライトも消耗品ですし、電気代だってかかります。
春から秋にかけては長雨でなければ、可能な限り天然のバスキングをしています。
ライトでは物理的に熱中症にならないような避難場所を作ればいいでしょうが、それでも気を付けて欲しいです。
天然の場合は尚更、真夏のバスキングは自分が何かをしながらでも、目が届くようにして、ちょくちょく様子を覗きながら行います。我が家では大体30分前後していますが、ケージの中は熱がこもりやすいので、日が当たっているかどうかではなく予想よりも高温になりやすいです。なにより様子を観察して、日陰に隠れる様だったらすぐに室内に戻し、霧吹きをします。よく水を飲みますので、その飲み方も覚えておくと良いと思います。

そして、現在のケージ内は、こんな感じにしています。

上からみたカナヘビ飼育のケース内レイアウト
上から見た様子
横から見たカナヘビ飼育のケース内レイアウト
横から見た様子

それを、コロが付いたラックに乗せています。

イエアメガエルとカナヘビの飼育をしている室内のレイアウト
上から『カナヘビのこども』『イエアメガエル』『カナヘビ夫婦』、その下は『卵』と餌などを置いています

コロをつけて移動可能にして、日当たり良好な時間に、すぐ外に出せるようにしています。 外に出す時は蓋を外して、網にしています。

我が家の飼育環境について、まとめてみました。もっと改善点や冬場バージョンで変化していくかもしれませんが、当面はこれで過ごしていきます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました