スポンサーリンク

DAISOの超薄型無線ワイヤレスキーボードは1100円(税込)で安いけれど難あり!?

商品

近頃のDAISOの1100円商品のクオリティには、良い意味でいつも驚かされます。

先に紹介したイヤホンやヘッドフォンも1100円とは思えないくらいに良い商品だったので、以前から気になっていた1100円Bluetoothのキーボードを使ってみる事にしました。

【100均商品】1100円のDAISOのBluetooth完全ワイヤレスイヤホンはコスパ最強!
先日、いつもスマホで音楽を聴くときに使っている、有線のイヤホンがまた壊れました。いつもDAISOで300円で購入しているんですけど、まぁ壊れやすいです。1年間で4個目かな、、、。音質も悪くないしリモコンも付いていて...
【100均商品】有線無線両方使えるDAISOの1100円のヘッドフォン
いつものようにDAISOで買い物をしていたら、え!?っと思う商品を発見しました。Bluetoothヘッドセット(ヘッドフォン)1000円(税抜)です。DAISOのBluetoothイヤホンは普段使っていますが、まさ...

しかし使用してみた結果、このワイヤレスキーボードは使いにくいところがいくつかあり、使い方は限定的かなと思いました。

DAISOの1000円商品はクオリティーの高い製品が多かったので、今回は少し残念な結果でした。

このキーボードの用途としては緊急の外出先でスマホやタブレットに接続して使う事が一番いいと感じたので、その理由を解説していきたいと思います。

陽だまり
陽だまり

DAISOのワイヤレスキーボードは欠点も多いですが、用途によってはなんとか使える製品でした!

DAISO超薄型ワイヤレスキーボード

DAISOワイヤレスキーボードの箱

キーボードのスペック

通信方式Bluetooth Ver3.0
電池容量150mAh
充電時間約2時間
規格JIS日本語配列
キー数78キー
電波方式GFSK
連続使用時間約44時間
待機時間90日
キー構造パンタグラフ
サイズ幅248×高さ150×薄さ6.4mm

連続使用時間は約44時間なので2時間充電すれば、ガッツリと使う事ができるので安心です。

気になるところはBluetoothのVerが3.0と少し古めなので、タイピングしたときの遅延が大きいと予想できます。

対応端末OS
  • Android
  • Windows
  • IOS-Mac

対応デバイスはほとんどのPC、スマホ、タブレット端末に当てはまると思うので困ることはないと思います。

開封・本体の質感

開封されたDAISOワイヤレスキーボードと説明書

開封してみたところ箱の中身はキーボード本体と説明書のみで、ケーブルなどの付属品は全くありませんでした。

キーボード本体を持ってまず感じたのは、とても薄くて軽いという事です。

重量は173グラムしかなかったので(自己調べ)スマホよりも軽いです。

DAISOワイヤレスキーボード真横からの画像

持ち運び前提で作られているのか、カバンに入れて持ち出しても全く苦にならないサイズと重さでした。

さすがにポケットには入らないと思います。

陽だまり
陽だまり

このキーボードは携帯性が最大の長所です!

右側側面にMicroUSBのTypeB端子がついていて、ここから充電できるようになっています。

個人的にはTypeCでの充電だとよかったのですが、1000円という価格なのでしょうがないと思います。

外観は普通のパンタグラフ式キーボードですが、裏側は金属の鉄板がむき出しになっているのでかなり安っぽさが出てしまっています。

DAISOワイヤレスキーボードの裏側の画像

キーボードを机に置いてみたところ、まず1つ目の問題を発見しました。

DAISOワイヤレスキーボードの左右の隙間

上の画像で見ると分かると思いますが、本体が少したわんで左右端っこが浮いてしまっています。

ほぼ左右均等に浮いているので、薄すぎてたわんでしまっているんだと思いました。

この時点で製品としてどうかな〜と思ってしまいました。

タイピングするには問題点はありませんが、気分的によくありません。

初めは不良品としても疑いましたが、ネットでの情報でたわんでるというレビューも見かけたので、自分の購入したキーボードだけではないようです。

使い心地やキーの打鍵感

さっそくBluetoothでペアリングしてデスクトップPCで使ってみました。

DAISOワイヤレスキーボードのペアリングボタンと電源ボタンに丸印

ペアリングは写真上右側の○印の電源を入れ、【Connect】ボタン1つで済むので簡単に使い始める事ができます。

キーは普通のパンタグラフ式なのでキータッチ感は悪くない印象ですが、少しカチャカチャと音が大きい気がしました。

静かな公共の場所ですと、タッチ音が気になるくらいの大きさの音だと思いました。

ここで2つ目の問題を発見してしまいました。

キーを少し強めに打つとキーボードがしなってしまって沈み込んでしまいます。

僕は普段デスクトップのフルサイズキーボードを使っていて、薄型のキーボードに慣れてないので少し強めに打ってしまいそれが不快でなりません。

僕が普段使っているBUFFALOの1000円キーボードの記事はこちらへ⇩。

【良品】BUFFALOの1000円無線ワイヤレスキーボードBSKBW125BKはコスパ最高!
僕が普段ブログの編集で使っているPCのキーボードは、Amazonで2000円くらいのパンタグラフ式無線キーボードです。最近そのキーボードが少し調子が悪く、押しても反応しない時があるキーがチラホラでてきました。ちょう...

軽く打てばキーが沈み込む事はないので、タッチが強めな人は軽く打つ必要があります。

キーボード本体が薄すぎるのでいたし方ないとは思いますが、慣れが必要だと感じました。

陽だまり
陽だまり

本体の薄さが招いてしまっている短所だと思いますが、気にしなければ普通に使えます

そして3つ目の大きな問題点がキータッチの遅延が大きい事です。

僕はタイピングが早い方ではないのですが、キーを押すのと画面の反応がかなり遅れるのが少し気になりました。

BluetoothのVerが3.0と古めなので遅延が大きいのだと思います。

高速でタッピンする人はかなり使いづらいでしょう。

次にスマホにペアリングして文章を打ってみました。

ペアリングに使ったスマホはOPPO Reno5AとタブレットはHUAWEI MediaPad 7インチモデルで、どちらもスムーズにペアリングする事ができました。

スマホとタブレットにセットされたDAISOワイヤレスキーボード

サイズ感はむしろスマホやタブレットにマッチしていて、特に10インチ位のタブレットと組み合わせるのがオススメです。

スマホやタブレットのフリック入力が苦手な人は、このキーボードを持ち歩けばどこでもキーボード入力ができるのでとても便利かと思います。

なぜかデスクトップPCでペアリングするよりもスマホやタブレットにペアリングした方が遅延が少ないように感じました。

総評

今回はDAISOのワイヤレスキーボードを試しに使ってみました。

1100円でワイヤレスキーボードが購入できるなんて一昔前は信じられない事でした。

外出先に持ち出して、スマホやタブレットとペアリングして短時間使うには問題なく文章を打つ事ができます。

しかし、1000円なりの大きな欠点がありました。

DAISOの1000円ワイヤレスキーボードの欠点
  • 本体が薄すぎてたわんでいる
  • キーを強くタッチするとたわんで沈み込む
  • Bluetoothが古いので遅延が大きいので高速のタイピングができない

たわみを気にせず、タッチが軽く高速でタッピングしない人であれば普通に使えるとキーボードだと思います。

良い点は、とにかく軽くてコンパクトで携帯性に優れている事。

やはりサブ的な使い方で、外出先でスマホやタブレットに接続して使うのが一番良いでしょう。

DAISOの1100円商品は良い商品が多かったので、このワイヤレスキーボードは少し残念に感じました。

陽だまり
陽だまり

DAISOの1000円ガジェットにはいつもワクワクさせられます、次の製品も期待しています!

これらの欠点が嫌で、キーボードに2000円くらいなら出せるよって方はAmazonなどで購入した方がいいと思います。

スマホやタブレットで使用するならBluetoothのキーボード。

デスクトップPCは2.4G無線ワイヤレスキーボードを購入するのがよいでしょう。

created by Rinker
Arteck
¥2,599(2024/07/15 08:37:35時点 Amazon調べ-詳細)

僕はせっかく購入したので職場でスキマ時間にDAISOのワイヤレスキーボードをスマホに接続して、休憩中の短い時間にブログの編集などに使いたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました