任天堂Switchのファンが故障!熱暴走でスリープをなんとかしたい!

スマホ インターネット

こんにちは!陽だまりです。

みなさんはこの夏、いかがおすごしですか?

コロナ禍の中、家でゲームをしている方も多いのではないでしょうか。

我が家の子供達も一日2時間程ですがしっかり任天堂Switchでゲームをしてこの夏休みを過ごしています。

スポンサーリンク

Switchの熱暴走問題とは?

Switchをプレイし始めて30分後に熱くなり始めてからSwitchから「本体が高温になりすぎた為、スリープします」と言うメッセージが出てSwitchがスリープ状態になってしまう様になってしまいました。

本体の温度が高温になり過ぎてしまって、故障する前に自動でスリープ状態になってしまう機能ですね。

室温はエアコンの27度設定で、ゲームを始めてから45分くらい経つとスリープ状態になってしまいます。

本体が熱を持ちすぎて、故障防止に本体が自動で停止するようになっているんですね。

Switchの熱暴走の原因は?

Switch本体が熱を持ちすぎてしまうのは原因があります。

・外気温が異常に高い

・Switch本体の内部にホコリやごみがつまって熱がこもってしまう

・本体内蔵のファンの故障

などが主な原因としてあります。

とりあえずSwitchを分解してみます。

汚れやホコリは少ないようですね。

だとすると冷却ファンが動いているかが気になります。

下の写真の黄色い丸のSwitch本体の上部にある穴から排気されれば正常なのですが、30分ゲームをしていて本体が熱くなっているのに熱が排気されません。

どうやら冷却ファンの故障のようですね。

汚れをとれば直ると思っていたのですが残念。。。

ファンの交換が必要になりそう。

ファンはAmazonなどでも購入できるので部品を購入するまでSwitchが使えないのは子供達からブーイングが出そう、、、。

一時しのぎの応急対策

で、思いついたのがこれ。

ハンディ扇風機。

ハンディ扇風機は100均でも色々な種類の物が販売されていますが、これは乾電池式のものですね。

いくつかの穴から風が出て来るタイプの物。

上手く立てかけてSwitch本体に風を当てるようにします。

プレイ中はずっと風を当て続けます。

この状態で約2時間程ゲームをプレイしてみましたが、熱での強制停止にはなりませんでした。

とりあえずこの方法で夏はのりきれました。

我が家ではSwitchを外に持っていく事はないので、ずっとこのままでも使える気もするのですがハンディ扇風機の電池代も地味にもったいないのでなんとかしなければなりません。

そのうちですが任天堂に修理を依頼するか、冷却ファン交換をしなければなりませんね!

でわ!また

コメント

タイトルとURLをコピーしました