タコの処理方法 〜釣りに行ったら思わぬ出会い〜

料理レシピ

こんにちは、花うたです♫

先日、釣りに行ったら…

近くで釣っている方にタコが釣れているではありませんか!しかも、そのオジサマ苦笑い。

それもそのはず。奥様から「タコは面倒だから、連れても持って帰ってこないで!」と言われているそうです。

でも、我が子達は「すごーい!」「見せて下さい!」と寄っていく始末。。

オジサマも子供が喜ぶ姿を微笑ましいと思って下さった様子で…。

我が子達も「このタコ、貰っても良いよね?」と…お互い交渉成立しているではありませんか。

釣り場で楽しむ子供達

ここで、「いや〜、タコはダメよ〜」と言える状況でもなく…、私自身言える様な性格でもなく…。

オジサマに「お母さん、頑張って!」と言って頂き、持ち帰る事にしました。

スポンサーリンク

タコのしめ方

本来であれば、その場でしめましょう

釣りへ行って、タコを袋にいれて持ち帰る

他にも、中型のアジと小イワシが連れていましたので、クーラーボックスには氷とその冷たさで氷った魚が入っていました。

本来なら、その場でタコもしめておくべきなのでしょうが、道具(キリみたいなもの)はもっていなかったので、仕方なくビニール袋に入ってから、クーラーボックスで冷えてていてもらう事にしました。

タコを持ち帰ろうと思う方は、千枚通し(キリ)を持参しましょう

①タコをその場でしめる場合は、両目の間にキリを差し込み、グリグリします。

②タコの動きや体(頭みたいな部分)の色味が変化しますので、そこで判断して下さい。

帰宅してからの処理

帰宅後、クーラーボックスを開けて…

想像はしていたものの、タコの入ったビニール袋は、必死にスミを吐いたのでしょうね…真っ黒でした。ごめんよ…。

ぬめり取り

小さめなタコに対して、大さじ2〜3程度の塩を使います。

全体を塩でもんでいきます。

擦り合わせた時に「キュッキュッ」となったら、ぬめりが取れたと判断していいと思います。

しっかり水洗いします。

内蔵を取り除く

①体に(頭みたいな丸いところ)切り込みを入れて裏返し、内蔵を取り出してキレイに洗います。

やりづらい場合は、体と足を切り分けてしまってもいいと思います。

②目と口を取り除きます。

茹でる

いくら新鮮とはいえ、素人考えは危険ですので、茹でましょう

①お鍋に湯を沸騰させ、大さじ1の塩を加えます。

②足からゆっくり入れて、最後に体を入れます。

タコの下処理(茹でているところ)

なるべく刺し身に近くしたいのであれば、再沸騰してから1分。しっかり加熱したいのであれば、3〜5分火を通します。

ただ、茹で時間が長くなるとかたくなりますので、タコの大きさ等を考慮しつつ茹で時間を決めて下さい。

再度水洗い

一定時間茹でたら、水に取り、再度しっかりと流水で洗いします。残り汚れも確認して下さい。

タコの下処理(茹でた後の水洗い)

お好みにカットしたり、調理を加えたりして召し上がれ♪

キレイにつやつや!色々な料理に使えます

そのまま、ぶつ切りやスライスで食べるのも美味しいです。塩でもんだり茹でたりしているので、結構塩味がついている状態だと思います。

下処理をしたタコ

たこ焼き等の再加熱するお料理の場合は、(すぐにお料理に取り掛かるのであれば)下処理の茹で時間を短めにしてもいいかもしれません。

カルパッチョやガーリック炒め…。炊き込みご飯やシーフードカレー…。タコ焼きも良いですよね!色々な楽しみ方ができて、食感も楽しめるタコ!

今回のタコは小さめでしたから、足を一本ずつに分けて、好みにハサミでカットしたり、齧りついたりしておりました。。

タコの下処理というと「洗濯機を使う人もいる!」と聞いて、それこそビックリして爆笑してしまったのですが…。その方が常識なのだそうですね。またひとつ知識が増えた♪

確かに主婦にとって塩もみは塩がしみるしなぁ〜と思いますが、小さめなタコの2〜3匹ならば、そんなにハードルは高くないのではないかと思います。是非子供達と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか♪

すぐに食べない場合の保存法

茹でたタコの保存は、あまり日保ちしませんし、冷凍すると味落ちします。

たくさんのタコを手に入れた場合は、ぬめり取りをせずに、内蔵を取り除くだけにして、そのまま冷凍してしまうと良いそうです!

解凍してからぬめり取りと茹でて洗う作業をすると、風味も新鮮な時に近いそうです。

まあ、主婦として多少の味落ちにこだわりがなければ、カットやスライスしてからジップロックに入れて、しっかり空気を抜いて凍らせるのもありだと思います。

「タコだから…」とハードルをあげてしまうよりも、楽しんで美味しくいただけたら嬉しいですよね。是非、釣りの際にタコを持ち帰る事になったら、こちらの処理を参考になさってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました