いつもの味に飽きたらこれ!二品 〜里芋のバター醤油・ブロッコリーのナムル〜

料理レシピ

いつも同じ味付けをしていると「家の味」にもなりますし、時々食べると季節を感じたり、良い面もありますが、時には違った味付けにしてみませんか。

料理のバリエーションもひろがりますし、家族の反応が変わります。

今回は、里芋とブロッコリーそれぞれを簡単で時短でありつつアレンジしたレシピを御紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ブロッコリーのナムル

お弁当の彩りにも使われるブロッコリー♪
いつもの塩茹でだけでなく、ナムルにしてみると、グッとおかずとしての存在感がアップします!

ナムルといっても、韓国料理だけでなく和食や洋食にも合います!

そして何より、お弁当に入れた時にブロッコリーの満足感が感じられると思います。
穴埋め的な存在から一変する事間違いなし!

是非、試してもらいたい一品です!

材料

ブロッコリー:適量
ニンニクチューブ:2cm位
鶏がらスープの素:小さじ1〜2
醤油:小さじ1
ゴマ油:小さじ2
白ごま:適量
(調味料は、ブロッコリーの量によって加減して下さい。大体の分量比です。)

作り方

①ブロッコリーを洗い、お好みの大きさに切り、硬めに茹でる。この時、塩茹でしなくても良い(お弁当用であれば塩茹でが望ましい)。またはシリコンスチーマーで電子レンジ加熱する。
②熱いブロッコリーをザルに取り、水気をきる。
③ニンニクチューブ、鶏がらスープの素、醤油、ゴマ油をボウルに入れ、軽く混ぜておく。
④ブロッコリーを③に入れ、白ごまを指で潰しながら全体に掛ける。
⑤ブロッコリー全体に味が馴染むように和えたら、出来上がり。

ブロッコリーのナムル


画像の奥は『里芋のバター醤油』です。

ポイント

味付けの際、白ごまを潰しながら加えると、ほんの一手間なのですが、ゴマの風味が増します。
すりゴマだと、見た目があまり良くありませんし、ゴマが強くなり過ぎてしまいます。少しの手間ですが、他のお料理でも役立つので、是非お試し下さい。

ブロッコリーを茹でたり蒸したりした後に、しっかり水気をきっておけば、味付け後に水が出てくることはありません。
水が出ないので、お弁当にも使えます!

いつものボイルドブロッコリーに飽きてしまった方、ブロッコリーをたっぷり食べたい方、育ち盛りのお子様にも…。
心からオススメしたい一品です♪

里芋のかつおバター醤油

里芋といえば「煮っころがし」!
でも、飽きてきたらどうしましょう…。

里芋とバターの組み合わせで、簡単でコクのある一品を作ってみませんか?里芋がちょっと苦手な方にもオススメできてしまう一品です!

材料も少なく済むので、家族のリピートのリクエストにも応えられます!

汁気もないので、お弁当にもおすすめですよ♪

材料

里芋:一袋(小5個、大3個程度)
バター:10〜15g
麺つゆ:大さじ1〜1.5
鰹節:適量(どっさり)

作り方

里芋をよく洗い土や毛をとり、耐熱容器に入れて、電子レンジで8〜10分(たりなさそうなら1分ずつ追加して)加熱する。
破裂してしまうものもあるかもしれないけれど、しっかり加熱すると皮がスルスルむけるようになります。
熱いうちに剥いたほうが剥けやすいですが、冷めてからでも大丈夫!手で皮を剥きます。
皮が剥けたら、お好みの大きさ(一口大)に切ります。
フライパンにバターを入れ、火にかけ溶かします。
④に③のお芋を入れ、焼いていきます。中火から強火で、断面が色づくように焼きます。あまり菜箸で触ると崩れるので注意しつつ、焦げないようにフライパンを揺すったりしながら全体的にこんがり焼きます。
バターが行き渡り少し焼き目がついたら、麺つゆを回し入れ、火加減はそのままで(水っぽいようなら少し強めて)味が均一になるようにしながら汁気を飛ばしていきます。
汁気が完全になくなるより少し前に火を止め、鰹節をどっさりとまぶし、和えたら盛り付けて出来上がりです。

里芋のバター醤油
かつお節いっぱいです!

写真奥は、『ブロッコリーのナムル』です。
これまた簡単なレシピで、お弁当にも使える一品なので、参考になさって下さい!

ポイント

里芋は、電子レンジでしっかり加熱しておくと、その後で煮るときに短時間で味が染み込みます
また、包丁での里芋の皮剥きの時に、土がお芋についたりして何度も流す作業もしないで済みます。
煮っころがしの時も、お味噌汁に入れる時などにも、電子レンジ加熱はオススメです。
ただ、破裂して亀裂が入ってしまう場合もありますので、我が家ではお節の下拵えの時は茹でこぼす方を選びます。

焦がしバターとたくさんの鰹節を使って、塩分ではなく風味で満足感を味わう事もできるので、減塩したい方にもオススメです。
また、味付けはしっかりでも汁気がないという点は、お弁当の一品に最適ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました