うどん・素麺の残りで ポリポリスナック 〜無駄にしないし美味しいおやつ〜

お菓子

こんにちは、花うたです♫

「お昼は簡単に、うどんや素麺にしよう!」って多いですよね。 
育ち盛りの子供達がいる我が家ですが、たくさん作っても思った程には食べられなかったり、「実際には、どれ位食べてくれる?」「足りなかったらどうしよう…」「この分の束は使ってしまいまいな…」という悩みが…。

かすかだけど、悩み事となると塵も積もれば山となり、ぷちストレスにもなりかねない…。

今回は、残ってしまったうどんや素麺で作る、スナック菓子です。
家にある物を使って放ったらかしでできるのに、まるで買ってきたスナック菓子みたい♪ お得感ありますよ!

【材料】

残ってしまったうどんや素麺
揚げ油
鶏ガラスープの素

密封できるタッパー

【作り方】

麺の水気が残っていたら、ザルなどに軽く押し付ける感じで水をきります。
揚げ油を用意します。麺の量にもよりますが、ヒタヒタにかぶる程度あれば大丈夫です。170〜180℃にします。
麺を揚げます。一度に麺を入れ、菜箸で密度を均一にします。麺の太さなどによりますが、一度火を強め材料が入った分の温度調整をします。それから弱めの中火で温度を一定に保ちます。だいたい7〜8分位で揚げ音が静かになってきます。
揚げ音が静かになったら、水分がとんだ証拠!(これを手掛かりに、私はちょこちょこ目をやり時々菜箸で様子をみつつも、揚げながら隣にあるシンクで洗い物をしていたりします☆)まだ麺に色がついておらず、菜箸で触っても柔らかさがあると思うので、火を強めて更にカリカリに、色付けしていきます。
菜箸で持ち上げて、裏表両目しっかりカリカリになったら、取り出します。

完全に冷めたら、タッパーに移し替えます。この時に、ザックリと割り入れてしまいましょう。
タッパーに鶏ガラスープの素を少量入れ、蓋を閉めてふりふり。全体に味つけをします。好きな時にちょっとつまんで、そして蓋を閉めておけば2〜3日は湿気ません。でも、早めに食べきって下さいね。

【コツ】

揚げ物は、水分や空気をとばして旨味を閉じ込める事が大事!「まだかしら??」よりも、耳で確かめて下さい。中〜低温で一定に揚げていれば、気泡(水分)がでなくなり、静かになる時がきます。それまで待つこと。その次に、カラッとさせる為に最後に高温にして色付けして取り出せば、大体の揚げ物は成功します☆

以前は、揚げてから砂糖やシナモンをかけたりもしましたが、子供達にはあまり好評ではありませんでした。甘いおやつにする事ばかり考えていた時期がありましたが、甘くなくて良いんだ!と気付いたら、気が楽になりました。

今では、子供達から「多めに麺を茹でて、作っといてね〜」と言われる程に人気なおやつになっています☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました