車のエアクリーナー交換は簡単!車の整備のDIY

修理 DIY

こんにちは!陽だまりです。

先日、わが家のファミリーカーのエブリィのエアクリーナーをじぶんで交換してみました。

スポンサーリンク

エアクリーナーとは?

エアクリーナーとは車のエンジンが外気を吸うときに小さなゴミが入らないようにする為のフィルターで、エンジンで動く車ならどの車にもついています。

エンジン内にゴミが入ると内部の部品に傷がついたり磨耗が早くなったりします。

エアクリーナーは走行すると徐々に汚れが蓄積して空気の通り道をふさいでしまいエンジンに空気が入る量が減り、エンジンの性能が徐々に低下してしまいます。

交換時期は?

エアクリーナーの交換時期は走行環境によって変わりますが、エンジンがかかった状態でエンジンが空気を吸っていなければ汚れないので、走行距離を基準にするとよいでしょう。

交換しないと燃費が悪くなったり、エンジンのパワーが落ちたりエンジン内の部品の消耗が早くなりますが急に車が急に動かなくなったりする事はありません。

なので交換時期は人によって様々で、車検交換時に進められたら交換する方がほとんどではないでしょうか。

ネットなどをみても走行距離が3万キロで交換とか10万キロで交換とか情報は色々なので、一番いいのは自分で汚れをみて汚れが酷い場合は交換するのが確実ではないでしょうか。

エアクリーナーを自分で交換してみよう

家の前に駐車してあるエブリィワゴン

今回交換する車はいつもの我が家のファミリーカーのエブリィワゴンです。

走行距離は8万キロを超えていて、購入した時は6万キロだったので、2万キロはエアクリーナーを交換していません。

さて、汚れは蓄積されているでしょうか。

まずはエンジンルームを開いてエアクリーナーボックスをみつけます。

大体、大きいお弁当箱みたいな箱がエアクリーナーボックスです。

エブリィワゴンのエンジンルームのエアクリーナーボックス

ほとんどの車が写真のようなツメ(?)のような物でフタが固定されているので、このツメをはずしてフタを開けます。

エアクリーナーボックスにはホースのような物がつながれていますが、これは外さなくていいです。

フタをそのまま持ち上げてエアクリーナー本体を抜けばいいだけです。

エアクリーナーボックスの爪の位置

写真だと新品のエアクリーナーが写っていますが汚れた方のエアクリーナーが出てきました。

エアクリーナーボックスを開けた所

エアクリーナー本体はそのままボックスから取れるので、手で外します。

中古のエアクリーナーと新品エアクリーナーの比較の画像

写真左側が新品で右側が外したエアクリーナーです。

汚れが酷いですね!

多少は吸気効率も悪くなってそうですね。

走行2万キロでこの汚れなので目安にしてみて下さい。

車屋さんやディーラーで購入すると高いので新品のエアクリーナーはAmazonで購入しました。

Amazonだと純正品よりも安く購入出来るのでオススメですし、社外品の吸気効率のUPするエアクリーナーを購入してもいいかと思います。

こんなに簡単なエアクリーナー交換、ぜひ自分でやってみてはいかがでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました