YAMAH WR250X組み立て計画 ついにエンジン搭載編!

趣味のバイクの話

こんにちは!陽だまりです。

さて今回のWR250X組み立て計画も車体まで完成しました。

そしてついにエンジンを手にいれましたよ!!

エンジンもそれなりに需要があり走行距離の少ない物は10万円以上で落札されてます。

そんなに高いものはかえないので、多少走行距離が伸びてしまったやつを選びました。

ゆくゆくはエンジンもオーバーホールしたいので距離は長くてもへっちゃらです。

25㎏のエンジンは木枠とスクーター用のタイヤに挟まれ、ぶっといワイヤーで固定されがガチガチ状態でやってまいりました。

部屋に置いてある中古のWR250Xのエンジン

シングルエンジンなのでわりとコンパクトですね。

思ったより軽くて高性能な雰囲気がバンバンするエンジンです。

排気量249cc
気筒数
ボア77㎜
ストローク53.6mm
冷却方式水冷
圧縮比11.8
最高出力23kw
最高出力31ps
最高出力回転数10000
最大トルク24n

堂々たるエンジンスペックですね!

走行距離は4万キロと少し距離はいってますが、外観はとてもきれいでした。

まぁオークションの物なのでエンジンをかけてみないと、まともなエンジンかどうかはわかりません。

でもとりあえずエンジンを載せて走ってみないとわからないので、どんどん前に進んでいきますよ。

部屋に置いてあるWR250Xの車体とエンジン

車体と並べて、しばらく考えます、、、う~ん、どうやって乗せよう。

エンジンハンガーに載せられたWR250Xのエンジン

エンジンハンガーが外せるので割と楽にエンジンを乗せられるかと、、、

古いバイクだとエンジンハンガーはフレームと一体になっていて、エンジンを乗せるのが大変でしたが、最近のバイクはエンジンハンガーが外せるので楽ですね~。

2人いれば楽なんだろうけど、いくらエンジンハンガーが外せても1人作業だとつらいです、、、

部屋のエアコンが壊れているので汗だくになりながエンジンを乗せる事が出来ました!

WR250Xにエンジンが初めて載せられたところ

いや~、ここまで長い道のりでしたよ。

遂に命が宿った気分ですね(笑)。

ってこれで完成した訳ではないのでバンバンパーツを組み込んで行きましょう。

WR250Xの車体にレギュレタやヒューズボックスを取り付けた画像

レギレタやヒューズボックスなどの電装系はあらかじめ落札しておいたのでどんどん付けていきます。

しかし、バイク1台ってパーツ点数が多い!

上から見たWR250Xのタンク下、インジェクション部分

苦労したのはインジェクション!なにしろ古いバイクばっかり触ってきた僕としてはインジェクションは未知の世界。

こんなシンプルなパーツで燃料噴射の調節が出来るなんて信じられません!

フレームがコンパクトなのでタンク下はぎゅうぎゅうです。

エアクリーナーからのダクトとインジェクションをつけるのが大変でした。

やっぱりキャブレターがいいな、、、。

ドロドロになったキャブレターで調子の悪くなったバイクを綺麗にして調子よくなった時の嬉しさが懐かしくてたまりません。

組み立て途中のWR250Xのシリンダー部分

シリンダーがとてもきれいです。

ラジエーターのホースもエンジンにつないでいきます。

しかし何台分のバイクから組み立てられたバイクに出来上がるんでしょうか?

中古の純正マフラーを取り付けられたWR250X

マフラーは純正品を選びました。

この純正マフラーは5キロあってどえらい重さなのでゆくゆくは社外の物に変えるつもりです。

せっかく軽いアルミフレームなどで車体の軽量化が売りなバイクなのに、このマフラーの重さはもったいないくらい重いです。

社外のマフラーは高価なので、とりあえず中古で2000円の純正でいきます。

あとプラグなど細かいパーツを揃えたら、いよいよエンジンをかけてみたいと思いま~す!

闇雲にに始めてしまったこの計画、実現も現実味を帯びてきた気がしますが、どうやって2階の部屋から外に出すかは現実逃避してしまってます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました