スマホの料金を劇的にさげる!おすすめ格安スマホ通信費節約術

節約

こんにちは!陽だまりです。みなさんは、携帯代にいくら払ってますか?
僕調べによると大体みんな端末代の分割料入れて6000円~8000円位ってとこでしょうか。
家族4人ですと、家族割などをいれても20000万円以上いってしまうのではないでしょうか。

通信費で20000万円って、どうなんだろう。

そこで今回紹介したいのが、みんな知ってるようで意外としらない格安スマホの『mineo』です。

スポンサーリンク

格安スマホとは?

格安スマホとは、簡単に言えば安い料金で使えるスマホということです。格安SIMとも呼ばれています。

なぜ安く提供できるかというと、ドコモやauやSoftBankなどのいわゆるMNO(キャリア)のような大きい通信会社から通信ネットワークを借りて通信事業を行っているからです。

格安スマホを取り扱ってる会社はMVNO(仮想移動体通信事業者)ともいわれ全国に多くあります。

全国各地に大きな店舗をおかずに広告費にもお金をかけないで運営しているので、安く提供できるのです。

メリット デメリットは?

メリット

もちろんメリットは安くスマホを運用出来ることです。
大体月額1500円~2500円が平均相場になっているので、場合によってはスマホの月額料金を4分の1にすることも可能です。

ビックリするくらい安くなります。

端末代も多くのスマホから自分の使い方に合った物が選べるので、安価なスマホを選びやすいのしさらに節約になるのではないでしょうか。

プランも分かりやすくキャリアのような~割りというプランも少ないので、とてもわかりやすくてギガ数も多く選べます。

自分の目的と生活スタイルに合った料金プランを自由に選択することが出来るのも大きなメリットです。

高速通信と低速通信の切り替えスイッチがあり、低速通信なら通信し放題なので使い方によっては制限がなくて便利です!

デメリット

メリットがある分、もちろんデメリットもあります。

キャリアに比べて通信速度が下がる(特に通信が込み合う時間)

特に昼の12時~13時、夜の22時~23時に通信速度が下がり安定しなくなります。

店舗が少ない、もしくは無いので、サポートが受けにくい

大手のMVNOは店舗が存在しますが、キャリアほどあちこちにあるわけではありませんので、住んでいる所によっては店舗まで遠くなってしまいサポートが受けにくいです。

キャリアのメールが使えない

キャリアのメールとはドコモ(~@docomo.ne.jp)  au(~@ezweb.ne.jp)  ソフトバンク(~softbank.ne.jp)と最後につくメールが使えなくなります。

どんな人が使えるの?

「デメリットがいっぱいじゃないか!」と思われるかもしれません。
しかしこんな人は全く問題なく、とことん使えるのです

・動画試聴、通信の重たいゲームは家のWi-Fiで十分
・家の近くに格安スマホを扱っている店舗がある
・ある程度知識があるのでトラブルにも対応できる
・Yahoo!メールやGmailとLINEがあれば連絡は十分

外で動画を観ない人は一杯いると思いますし、ここ最近大手のMVNOの店舗もどんどん増えてきています。
メールも今やLINEが主でネットショップの連絡用のメールはGmailなどのWebメールがあるのでキャリアのメールはむしろいらないのではないでしょうか。

端末はどうすれいいの?

スマホ2台

キャリアですと契約する時に端末とセットが多いですが格安スマホの場合、自分で端末を用意しなければならない事が多いです。
端末を購入するときはSIMフリーの端末を選ばなければなりません。

SIMフリーとは?

SIMフリーとは、SIMロックがされていないスマホのことです。

SIMフリーの端末は2種類あって、1つはキャリアが販売したスマホにSIMロックがかかっていたものを解除したもの、ともう1つは最初からSIMフリーとして売られているスマホのことです。

SIMロックとは?

スマホとSIM

SIMロックとは、購入した携帯会社でしか通信や通話が出来ないようにロックがかけてある状態のことです。

SIMロック解除をし、スマホをSIMフリーにしてしまえば自分の選んだ格安スマホ会社のSIMカードを挿入して使うことができるのです。

ドコモ、au、SoftBankのショップに行くと3000円(税別)でSIMロックを解除してもらえます。詳しくはショップホームページをご覧ください。

僕は格安スマホの『mineo』というMVNOを6年ほど前から使っています。

次回はmineoの使い方と使ってみた感想などを投稿します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました